秋天下 この道まっつぐ 日本寺(にちほんじ)

昨日の余韻がまだ.....。
というのはね、1週間前に偶然見つけたパンフに「行きたい~!」030.gif早速予約してと。  そして一人で出かけ、堪能、感激というるつぼにはまった訳でございます。 
a0166324_1919364.jpg
ここは隣の多古町(たこ)。多古の道の駅はすぐ近くです。多古町は元城下町、昔からアーチストが多数住んでいて、文化が根付いている町。私の大好きな叔母家族が住んでいたので子供の頃から見知っていた町です。お米の「多古米」は美味しくて有名ですよね。秋!雲も、風も、田園景色も爽やかです。この道を真っ直ぐ、車で4、5分森へと走れば目的地・日本寺(にちほんじ)です。
a0166324_19201237.jpg
 此処は日蓮宗本山=関東三大檀林の一つで全国から多くの学僧が集い、270年間、延べ10万人が巣立っていき、明治5年頃まで続いていたそうで、華美とは程遠き、品格ある古刹です。
a0166324_19352821.jpg
別名:あじさい寺としても有名ですよね。山門をくぐると本堂までの200㍍は杉林とアジサイが出迎えてくれました。境内には8000本のアジサイ・・・来年の6月頃はジャリを踏みしめながら見事な花々で、さぞや見事でしょうね!来年はきっと参りましょうほどに。               
 a0166324_19465432.jpg あらまぁ、陽気のせいかしら。みっつ咲き残っていましたよ!  
本堂は珍しい2階建て。キンキラキンのお堂でなく、ひっそりと佇むこの「日本寺」。今日はさんざめく我らに日蓮様も苦笑いされておいででしょうね、暫しお許しあれ!
a0166324_2034913.jpg
 開演5分前、撮影は禁止。ドキドキ・・・043.gif
a0166324_20395034.jpg
 チケットは何と驚きの1000円也。 嬉しやな。                                                                   演目                                                                               「祇園精舎」
「足摺」
「千手前」
「鶏合壇浦合戦」
構成・演出・語り~~~金子あいサン (俳優)
音楽~~~~~~~~~永田砂知子サン(打楽器奏者、オリジナル波紋音)                                                                       
この日に備えて何十年ぶりの「平家物語」原文で読み直ししましたよ!034.gif少しでも近づきたくてね!正解でした。
a0166324_2144748.jpg 舞台俳優・金子サンの口跡が何とも心地良く、さすが!!!章段によって優雅さと力強さと切なさと・・・涙がじわじわと溢れてしまいました。                        登場人物がこんなにダイナミックに、表現されて・・・。この空間は大きな劇場では絶対味わえない「平家の世界」でした。                                            終了後、ツーショットの貴重な画像です。素の彼女はお若いし、美人で、謙虚で、可愛い方でした!!  
 a0166324_2175815.jpg 永田サンは何だか人生を達観されておいでのような、自然体の方とお見受けしました!!譜面かと思いきや、めくっていたのは語りの言葉!音は場面事に全て即興、時々遊んでいるんですって。残響が柔らかく、妙に懐かしい音色は神秘的。摩訶不思議!出だしから幽玄の世界に誘ってくれたのです。
a0166324_2117488.jpg 鉄の作家:斉藤鉄平氏の作品。この切れ込みが微妙な音色を生むそうな。素材の鉄の円筒を作り、中は空洞、その上面にはこんな切れ込みが。
お二人の活躍はそれぞれのブログでご覧下さいませ音037.gif

  

 a0166324_21402147.jpg 
a0166324_21413592.jpg♪♪♪でんでんむしさん、あの音色、ここまで届いたかなぁ~?! ♪♪ 気持ちよかったでしょう029.gif   

 小径にこんな・・・。a0166324_1949143.jpg思い悩める若き僧侶達の道しるべか?!  
あの波紋音が答えを導いてくれたような気がしました・・・014.gif
[PR]
Commented by エフ at 2012-10-22 08:14 x
おはようございます
豊かな秋を楽しまれてますね
日本寺って名前が素晴らしい
由緒あるお寺なんでしょうね
平家物語を原文で?すごいなぁ~
芸術の秋を堪能ですね
Commented by チョロピコ at 2012-10-22 12:03 x
お陰様で10月は観月、観劇、発表会と我が心は満ち満ちておりますよ!
新橋演舞場の10月演目の国姓爺と勧進帳(昼の部)は当代随一・団十郎と幸四郎、籐十郎と揃い踏み!
それも長唄の師匠から招待のチケットを頂いたんですもの。交通費だけで至福のひとときでした(^。^)
そして今回も...
ロケーションといい、素晴らしかった~でしたよ!!
Commented by いしころとまと at 2012-10-23 20:19 x
チョロピコさんこんばんは~
平家物語の世界に埋没していたんですね。古典の世界、なかなか離れてしまいましたが、原文を読んだというところで・・・すごい私も惹かれてしまいました。金子さんの左側チョロピコさんですね。
あら、背丈が(笑)今度お姿載せてくださいませ。

でんでんむし、という表現も久しぶりに見ました。
上のでんでんむしは、ヤドカリに似てますね。
可愛い~
Commented by チョロピコ at 2012-10-23 23:44 x
ウフフ、チビは皆さんが帰られたのでやっと写真一緒にお願いした訳です。踏み台を用意しなきゃぁね。長身のいしころちゃんが羨ましい! ホントそう言われれば、ヤドカリに似てるわね。明日で満2才になる孫が来ると必ずCDの童謡のリクエスト。そして、佐原囃子も。二人でテーブルの周りを踊り狂っているんですよ♪♪お前の頭はどこにある~♪ 私は母に似て踊り大好き!可愛い孫と遊べるって幸せ!  いしころちゃんもそうなりますよ!!
Commented by kazutyan at 2012-10-27 20:56 x
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」ですか、出だしを覚えているのがやっとの私には原文を読み直されたとはすごいことです。大河ドラマ「平清盛」が平家物語と思ってしまいますが、全然違うものでしょうね。
Commented by チョロピコ at 2012-10-29 16:27 x
こんにちは。
キッカケが出来たからこそでした。読み直そうと頑張ってはみたものの、、、途中からは現代訳に早変わり。それにしても登場人物が多すぎますね!  
by choropikotantan | 2012-10-21 21:58 | 好きなこと | Comments(6)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan