芽柳や 今年もジャージャー 風に聴く

3月3日、昨日は桃の節句でしたね。
そして同級生のAちゃんの誕生日! 彼女は品良く、可愛いく。気性は男っぽいけど女っぽい!? 今でも魔可不思議な程ステキな友。                                                                  も一人、ケアンズにいる末っ子・三男は40才になり、055.gif家族4人の笑顔とコメント「N,M,Rの為に頑張りまっす!」だって。仲良き恋女房と2人の愛娘にメロメロのパパの顔!男子厄年に入った訳で、健康と事故に遭わないよう災難除けを祈願したのは1ヶ月前・・・。                                                                                      
久しぶりに故郷の街中をぶらぶらしてきました。                                                             我が家から佐原へは車で40分位。蚊帳の中で佐原囃子を聴きながら育った私は生粋の佐原っ子029.gif
a0166324_13231912.jpg
日曜日だからか、小野川辺りは観光客が其処此処に。Sカーブの川は私の郷愁です!柳の芽はもうこんなに・・・。薄緑と薄紅のつぶつぶが何とも可愛いこと!!
a0166324_1326985.jpg懐かしのジャ~ジャ~橋。。。                                 正式名は「樋橋」(とよはし)。                                 由来は江戸時代初期、灌漑用水を東岸から西岸に木製の大きな樋を作り小野川に架けられたもので、当初は人は渡れませんでした。やがて手すりをつけ、板を敷き、人も渡れるようになったと言うことです。子供の頃は板の間から下を覗いたりして、絶好の遊び場でした037.gif今はコンクリート製になったけど、ジャージャーと下に落ちる水音は子供心に不思議な感触でしたね。
 
すぐ前は日本地図の伊能忠敬先生の屋敷跡で工事中でした。a0166324_1452954.jpg
  この奥でお習字を習っていました。正に寺子屋で、必ず墨は摺って、墨汁は禁止。机が足りなくて庭にゴザを敷き、順番を待つ間、ひたすら墨を摺っていたっけ。60年余り前ですものね!女剣士のように行儀見習いの厳しさと褒めてくれた時の笑顔、あの声、、、。タイムトンネルって声も甦るのね!!
a0166324_1432422.jpg3分位歩けば~~此処は私の2年後輩の和紙の店。久しぶりに娘に戻ってピーチクパーチク。       
 a0166324_1436788.jpg 和紙の五段飾り。温もり、優しさの五人囃子がお出迎え。助六のカードと懐紙を買ってサヨナラ、又ね。
佐原の商店会・おかみさん達は一生懸命頑張っていますね。a0166324_159388.jpg                                                 震災で大きなダメージを受け、崩れ落ちた瓦に一言一言、復興へのメッセージに日々励まされているとか。   
佐原は江戸時代から米穀肥料商、お酒や醤油醸造商、呉服商が盛んでした。そば屋も魚屋も薬屋も・・・だから街並は土蔵造りが多いンです。  
a0166324_15212541.jpg
此処は福新さんという呉服屋さん。いつもちょこんと店の中央に腰掛け、お客様をお迎えのおばあちゃんは私のお馴染み、お元気の様子で何より!
3月11日の震災後に発見された江戸時代の「次郎左衛門雛」。丸顔に細い目鼻立ちの優雅なお姿です!明治、大正、昭和、平成ず~~っと仕舞ってあったんですね。005.gifお会い出来て光栄でした!!
 
a0166324_1538734.jpg
こちらも江戸時代とか。よくまぁ、保存されていますね!
a0166324_16521361.jpg
此処は山城屋さんというお茶屋さん。ここの雛飾りは江戸~明治の頃とか。手前の黒漆塗りの大きな器は何ざんしょ039.gif?!聞けば「行器」(ほかい)という食べ物などを入れる容納具だそうで、古くは平安時代からあったらく、これは花見や野立などに食べ物を盛り、他所に運ぶのに使われたそうです。江戸時代は嫁入り道具の一つで現在は床の間飾りとしている・・・とのことです!!
また小野川辺りを♪ぶらぶら a0166324_16411831.jpgおひな様、賑わうのはもっと暖かくなってからですねぇ。
a0166324_1650939.jpg ♪♪ 梅は咲いたか 桜はまだかいな                                              柳なよなよ 風しだい                            山吹ゃ浮気で色ばっかり  しょんがいな ♪♪ 


ちょっぴり感傷散歩はこれにて お・わ・り012.gif                                                                                                                     
[PR]
Commented by エリオ at 2013-03-04 19:29 x
ブログを見てビックリ!!
奇遇ですね 一日違いでチョロピコさんの故郷「佐原」に行って 今帰って来たところです!

朝、実家に頼んでおいた キムチを取りに行って
その足で「空の駅」に相棒が買いたいものがあるというので
寄ってから 目的の佐原の小野川沿いの「ワーズワース」にGO!!!!
昼時で 混んでいたので小野川沿いを散策!
なんとそちらの後輩の和紙屋さんでお買い物しましたよ!!
女房と相棒と3人で!
女房が少し呆れ顔でオイラを見てました(笑)

土産話は後ほどブログに公開します!
お楽しみに!
一日違いなら一緒に行きたかったですね!
Commented by チョロピコ at 2013-03-04 20:34 x
まぁ、ようこそ(^。^)...でしたね。
今度はご一行様でまいりましょうか?!
あっちこっちに旧知の方が居て、お転婆娘バレバレかもね。
でも良い時代でした。高度成長のずっと前。悲しい事や辛い事など思い出せない程、毎日が愉しい事ばかりでした。
故郷は遠くに有りて想うもの~じゃなく、近くでも想うものですね! 

Commented by kazutyan at 2013-03-05 15:07 x
チョロピコさんの故郷佐原市のどれも旅愁をそそる風景ですね、前回に続いてミニ旅行の気分味あわせて頂きました。
遠くに居れば余計に思う息子さんのこと、でもチョロピコさんの祈願のご利益でメロメロ家族のようで安心ですね。またケアンズに行きたくなったでしょう。
Commented by チョロピコ at 2013-03-05 16:24 x
故郷は遠くにあっても近くにあっても♪♪ノスタルジアですね。
そうなんです!地球儀クルクルしています。赤道渡りたくなっていますよ。
Commented by いしころとまと at 2013-03-05 20:17 x
まあ、すてきな町ですねぇ。チョロピコさんが遊び回っている姿が
みえてます。わたしも子供の頃は不思議と橋に興味がそそられました。
太鼓橋があったんですよ。小さな橋だったと思うのですが、それはそれは大きく見えましたよね。江戸時代のおひな様、華やか・・という感じでもないんですね。ネコヤナギが春らしいですね。お陰様で一緒にぶらぶらと散歩した気分になりました。
Commented by チョロピコ at 2013-03-06 09:27 x
そうなんです! 川岸から横町に入った処の一軒家が踊りの稽古場だったんだけど、ウン十年ぶりに~「えぇぇ、こんなに細い路地だったっけ!」って。子供の時の目線と違うんですね。そっと路地伝いに進むと~当時の門があり、小さな表札には「女の家 ○○○」とありました!どなたか住んでいるんでしょうね。女の家って・・・粋筋ね。 
Commented by 吉ちゃん at 2013-03-10 10:53 x
おはようございます。懐かしく佐原の街並みを見ていました。仕事で東北に転勤する前は千葉県を担当していましたので佐原の取引先には良く足を運んだものです。土壌ずくりの街並み又雛飾りの伝統文化が残されて良いところですよね。昔紀伊国屋文左衛門がみかんを舟で積んでこの佐原にもきたと言う話を聞いていましたが、江戸時代にはお米を積んでこの川を利用して運輸した佐原文化はまだ健在ですね。
東北大地震からもう2年まだ苦しんでいる人が沢山いますが、早い復興を願うばかりです。
Commented by チョロピコ at 2013-03-12 13:13 x
嬉しいお便り!
吉チャンさんが佐原と縁があっただなんて、驚き。。。
昔から「お里が知れる」って云うけれど、ボケ~とした田舎娘は花の東京が憧れでしたよ。何より土蔵造りの家から抜け出して、ハイカラ洋館生活を夢見てました。今じゃハイカラという言葉も死語ですね?!                      3.11から2年が過ぎたけどまだ、佐原の岸辺の屋根には青いテントがちらほらありました。東北はもっともっとですよね!!野菜、果物、お魚、お肉~~口さがない風評には、憤りを感じています! 
by choropikotantan | 2013-03-04 17:11 | 歳時記 | Comments(8)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan