岩殿寺 鏡花の池に 似わわぬ黄

初夏になっちゃいましたね!
暫く休んでいたご朱印巡り、ゆっくりと再開しました。焦らず、マイペースでね004.gif
5月13日、成田からJR快速・乗り換えなしで逗子へ。
今日は2ヶ所を予定。
a0166324_17167.jpg此処はJR逗子駅からバスで15分、下車してすぐの踏切を渡り、くねくねの住宅地を歩くこと7、8分。「坂東三十三観音霊場第二番札所:岩殿寺」さぁ、どんなお堂でしょう?!

a0166324_17121763.jpg風情ある山門でしょ! 大いに期待してしまいましたよ034.gif             
a0166324_1717342.jpg今は曹洞宗、昔は真言宗であったそうな。いかにも古刹って感じです!!               037.gifa0166324_17235922.jpg門の紋は「笹竜胆」、着物の紋~家紋が好きでついつい、目についてしまいます。やっぱり源氏でした!!                                         
a0166324_17303184.jpg山門から見上げる急階段、行きはトントン足取り軽く、80段位でハァ、ハァ~。私一人・・・。まだ先はあるよ~って008.gif 途中のこの石碑には花山天皇、後白河法皇が此処までおいで遊ばしたそうな、、、うそ~ 039.gif京からわざわざ関東のここへ?! 後年、源頼朝、実朝、徳川家康も深く信仰されたそうな。                            
a0166324_17442897.jpg
空海さんが爪で彫られたと伝わる石の地蔵尊。ビックリポンです005.gif爪の病に悩む人が拝むというけれど、私も深々と手を合わせましたよ。 

a0166324_17513578.jpg
創建:721年  開基:徳道、行基   ご本尊:十一面観音                             現在のこの建物は1727年に再建された由。立派な彫り物ですね。  
寺伝によれば今から1300年前、奈良県の長谷寺の開山、徳道上人がこの地に下向された時からのお話。 

a0166324_18221327.jpg
あの文豪・泉鏡花と当時のご住職との親交からこのひょうたん池を寄進したとか。菖蒲でも白か、紫なら良いものを、まっ黄色の黄菖蒲は何故かイメージが違うような・・・045.gif鏡花の舞台で思い出したのは新派・花柳章太郎。私、20代の頃。あの女形の姿、あの声、甦り候や!!            
a0166324_18372233.jpg
本堂裏の奥の院。昔は岩窟が自然の殿堂のようであったので寺号を「岩殿寺」としたと。。。残念ながら今はコンクリートで固められてしまったよ・・・。
それでもやっぱり来た甲斐がありました、歴史大好きだもん!037.gif
次に向かったのは横浜です。次回にアップしますね。  
[PR]
by choropikotantan | 2016-05-15 18:45 | 好きなこと | Comments(0)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan