山寺の 閻魔さん家は 風通し

さて、この日(5月20日)次に向かったのは益子町の「西明寺」。
八溝山への上り下りは緊張しっぱなしだったけれど、心は大満足!043.gif久慈川のせせらぎに見送られ、常陸大子から那珂川町~烏山へと南下、那珂川の支流の田舎の道って何処も同じような感じ、所々は黄金色の麦畑が風に波立ち、とっても気持ち良いcar散歩、漸く陶芸の街・益子町へと。
a0166324_12353824.jpg

a0166324_13132352.jpg茅葺き屋根の納経所の脇は小さな池と竹垣、こんな説明板がありました?! 廻りの青竹は皆、普通の丸い竹だけど・・・023.gif                             
a0166324_13145232.jpg納経所の女性の方は笑顔で「触ってみてくださいな、分かりますよ」っと。納得、049.gif確かに四角!!005.gif

a0166324_1323918.jpg森のような鬱蒼とした樹木!山寺の此処も130段の急な階段がお出迎え008.gifでもね、10段ごとにちょいと広くなっていたので上りやすかったですよ!                     
a0166324_1322617.jpg
もうすぐ・・・茅葺きのどっしりとした楼門は室町時代の建立、国の重要文化財指定。重厚さが分かるって!!          
a0166324_13233214.jpgこちらも建立は室町時代=同じく国の 重要文化財。ちょっと離れて見上げても美しいシルエット!!

a0166324_1335319.jpg
正面の観音堂。こちらも国の重要文化財指定。                            第二十番 獨鈷山 西明寺(通称・益子観音)
宗派:真言宗豊山派
開基:行基菩薩
創立:737年(天平9年)
ご本尊:十一面観世音菩薩

a0166324_1350252.jpg
扁額がステキ。この山奥の寺院の貴重な建物はよくぞ焼けずに現在まで在り続けられたことか!! 感動しました038.gif 本堂は1701年(元禄14年)に大改修されたという。                                
a0166324_13563757.jpg此方は茅葺きの閻魔堂。屋根のカーブが美しいでしょ。それにしても主役級の立派なお堂です!!

a0166324_1401792.jpg
向かって左側の戸が開け放たれて、自由に中へ入れますと札がありました。「お邪魔しま~す」笑う閻魔さまを囲んで4体がおいででした。画像は益子観光協会さんから拝借
 サンスクリット語「オーン、ハハハ、ヴィサマエー、スヴァーハー」?! ウ~ン、笑うって目も細く柔和になるけれど.....でも目はつり上がって口だけ笑って・・・何だかよけい恐いなぁ。    
a0166324_149360.jpg
脇には分かりやすいこんな言葉の張り紙034.gif    

a0166324_14111844.jpgこちらは弥しろの卓さんの手書き~トイレの張り紙。うふふ、な~んか卓さんが高僧に見えてきたわよ037.gif                                      060.gif嘘ついたら針千本の~ます♪♪                     昔は嘘ついたら閻魔様に舌を抜かれるよ~~~って、オ~,クワバラクワバラ。 
笑いを提供する閻魔様は本当は慈悲深い方なんじゃろか003.gif

夕方には無事帰宅、余韻に浸ってオミキは大層美味しゅうございました。。。
[PR]
by choropikotantan | 2016-05-27 14:44 | 好きなこと | Comments(0)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan