カテゴリ:歳時記( 166 )

今日は22日、冬至です。1年で一番昼の時間が短い日であり、明日から再び058.gif日が長くなり始め、パワーが甦る日とされますね。子供の頃は学校から帰宅するとすぐ台所へ。お目当ては大好物の小豆あん!アルミ鍋でなく、大きな鉄鍋の底をすくってね037.gif美味しかったなぁ!!ところで兵庫県の一部では冬至の日に「ン」の字が重なる食べ物、七種類を頂くと「運が開ける」と言い伝えられているそうです。遊び心のある明治生まれの母は何気なく知っていたのか、偶然か、茨城出身だしねぇ?、今思うと必ず作ってくれました。カンテンはみつ豆に。キンカンは含め煮に。ニンジン、レンコンは魚と煮て。ナンキンとはカボチャね、ほっくりと煮て。ウンドンはうどんのこと。何故か、素うどん!後一つはナンキン豆、殻付きの落花生ですね。いずれも食卓に彩りよく盛ってね。何しろテレビのない時代ですもの。ラジオから流れる歌や物語に想像力は膨らんで、アナログの世界が懐かしいですね。母の真似は出来ないから、今夜は素うどんだぁ~~003.gifこれじゃぁ、いかんですのう。。。では、かぼちゃはポタージュに、レンコンは摺って定番の鶏つくねにしましょ。人参は今はまっている簡単メニュー「シリシリ」に。
a0166324_16351245.jpg
 ユズ湯で思い出しました。五右衛門風呂の一番手は子供のわたし!板に乗り、すっと下に収まれば大喜び!、快感って訳029.gif失敗の時は何度でもやり直し。変でしょ!晒しの袋に入れたユズは、プカプカ浮いて香りの一番風呂です。そこでやおら「お父ちゃん~」って呼び、一緒の父はいろんな話を聞かせてくれました。ユズ湯は身も心も温まりますよね。父の小唄は上手かったですねぇ。お風呂から出て母に「お先にあがったよ~」って言い、母が入る時も兄が入る時も「湯加減どうですか~?」って声かけるのが好きで大抵「いい湯だよ~」と返事が来て妙に納得したりして。何がなくても家族がありました!!!「一陽来復」~~~ばんざ~い、嫌なこと、嫌なこと飛んで行け~041.gif
[PR]
by choropikotantan | 2010-12-22 16:36 | 歳時記 | Comments(10)
里山はゆっくりと、そしてさくさくと足早に今年のカレンダーも残り一枚になりました。ここは近くの散策コース!お気に入りの公園です。
a0166324_11332446.jpg
マロニエ並木は晩秋が良いですね。ちょっぴり感傷的になったりして・・・。ず~と先の建物は記念館、静かな佇まいです。
a0166324_1156680.jpg 
 a0166324_11584365.jpg右側の館は宮内省下総御料牧場、明治中期の和洋折衷の貴賓館です。木造カヤぶきの平屋建て、中は季節限定で入れます。各大使を招待する円遊会場、皇族方の宿舎にと往時が偲ばれます。。。左奥の桜のお花見頃は三々五々家族や会社関係で賑わいますが、醜態の姿はないようです。       
a0166324_12132832.jpgマロニエはトチノキ科、樹皮はゴツゴツした褐色。ここは地元・三里塚の方にとって特別な場所!今尚熱い心053.gifが伝わってきます。脇にはこんな記事がありました。平成8年の新聞です。傷口が閉じて完治するのは50年後とか039.gif多くの子供たちに知ってもらいたいですね。「養生、これから先も養生してね」と撫でながら思わず声をかけてしまいました。018.gif
a0166324_1221113.jpg
原産はギリシャ、ブルガリア付近だとか。♪♪♪マロニエの詩も唄も何故かフランス映画のシーンが似合いますよね。a0166324_12442865.jpgさぁて、鎌倉「レザンジュ」さんのお菓子、「マロニエ」marrnnier  見た目もマロニエの木の葉色!パータフィロのサクサク感とほっこりとした栗は相性ぴったり!美味しい幸せはあっという間にお腹の中よ037.gifご馳走様でした!!!
[PR]
by choropikotantan | 2010-11-30 13:23 | 歳時記 | Comments(6)
ここ、成田周辺には開発されずに公園のような小高い丘・古墳塚があっちこっちにあります。久しぶりに車で20分のニュータウン内のここに来ました。人気もなく私だけの時間・・・。   
a0166324_19473686.jpg

一億数千年前の大昔からあるおなじみの銀杏って、凄いですね!この木は中国原産で、昔から杉、松などと同じく神霊を宿す樹として崇められていたそうです。そういえば神社の境内の大木にしめ縄が懸けてあったような。
a0166324_2024734.jpg
江戸時代は火事の多い町中の邸に「火伏せの木」として植えられたそうです。東京にこの樹が多いのもわかるような045.gif
a0166324_2064223.jpgちなみに天下の東京大学の校章はイチョウ、東京都の都木もイチョウだそうですよ!                 ところで銀杏色という色は伝統色の色名にないのですが、この銀杏黄葉の色彩をどのように表現したらよいのでしょう!!!                                                                                                                                 金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に                                             与謝野晶子

銀杏の葉を金色(こんじき)の小鳥なんて、一体どこの銀杏をご覧になって詠んだのでしょうか?!
きんいろでなく、こんじき・・・ステキ、流石!!あ~ぁ、深呼吸しましょ。          そろそろお昼時になりにけり。                               ギンナンは3粒で卵2こ分の栄養価があると言いますよね。おでんに、茶碗蒸しに、ちょっと高級感が出て、おもてなしにもぴったり。虫除けも兼ねて今でもイチョウの葉はコヨリにしたり、メーセージカードがわりにしたりしています。  
   a0166324_20384073.jpg060.gif  口から出た唄は「隅田川」古いねぇ!東海林太郎の「銀杏がえしの 黒繻子かけて
泣いて別れたすみだ川~~~♪♪ 良き時代でした・・・。まぁ、今も良いけどね。それにしても女性の髪型、この銀杏返しは可愛いですよね037.gifそうそう、 お相撲さんも大銀杏あったわね。                   
[PR]
by choropikotantan | 2010-11-22 20:57 | 歳時記 | Comments(6)
今日の午後からとうとう057.gifに。10月、11月は正直疲れましたァ042.gif。ばぁばは成田から出たり入ったり、ふゥ~~。生後5日目の孫のホヤホヤの小指にベビーリングを!もみじのようなお手々、桜貝のようなお手々って言うけれど!!ホントちっちゃい!!!

a0166324_16273639.jpgルベライト(ピンク・トルマリン)は希望を持って友情を強め、他者への共感を育てる・・・とのこと。健やかに優しい、愛嬌ある娘に育ってほしいと願うばばバカ丸出しでございます037.gif。                                                     
ところで「この樹登らば 鬼女となるべし 夕紅葉」「a0166324_1703956.jpg明治33年・成田市に生まれた「三橋鷹女」(みつはしたかじょ)72才永眠。新勝寺参道沿いに等身大ブロンズ像が・・・。華奢な体からは激しい気迫は感じられません。傍の托鉢は動かず居ましたよ。 「一片を書くことは、一片の鱗の剥奪である 一片の鱗の剥奪は 生きている事の証だと思ふ」。鷹女の心模様は、鋭く、潔く、突きつけ、でも愛息には母の情の温もりもあり、小さな野草にも優しい眼差しを注いでいます。a0166324_17353417.jpg
足元にもみじ葉が。。。
a0166324_17493944.jpg
成田山境内。      「薄紅葉 恋人ならば 烏帽子で来」     その意気!その意気019.gif    
a0166324_1801228.jpg
   赤ちゃんのお手々から紅葉狩りの鬼女?!までいっちゃった!!!お許しあれ!         私の好きな句                                      「みんな夢 雪割草が 咲いたのね」038.gif 穏やかな時もあったことでしょう!!  
[PR]
by choropikotantan | 2010-11-15 17:47 | 歳時記 | Comments(6)
マンゴーって季語になるのでしょうか?!市内や郊外の街路樹には初めて見る花木が沢山ありました。
a0166324_12393029.jpg
a0166324_1156190.jpg
青いマンゴーの木があちこちに。005.gifマンゴーは緑のうちから食べられるって聞いたけど・・・?!
a0166324_1213581.jpg宮崎のマンゴーは高い値で話題になったけど、こちらのマーケットの果物はすこぶる安いし、ホント美味しいですね。。。
a0166324_12133946.jpgカラフルなバスが走り、オープンカフェスタイルの多い街中で市民も観光客も緑の木々、小鳥たちを見ながらのんびり談笑しています。せかせかしている姿は全然な~し。043.gif
a0166324_12213658.jpg一人ぶらぶら、歩き疲れ一休み。キャロットケーキとアイスコーヒーを注文。クリーム如何?と言われてつい「Yes]って。失敗!甘いこと、甘いこと!067.gifはしっかりしたパンケーキみたい。そろそろ息子が迎えに来る時間!気ままなこの時間を満喫。あと少しで帰国日です。それにしても電子辞書は助かりますねぇ。。。003.gif
[PR]
by choropikotantan | 2010-10-19 12:48 | 歳時記 | Comments(4)
a0166324_17451643.jpg
この街は海岸と並行に走る道と直角に走る道が碁盤の目のようになっていて歩きやすいのですが、店に入ったり、出たりしている内にアレッ、どっちが海だっけ?!って、分からなくなってしまいます008.gif
a0166324_18122095.jpg
エスペラネードとアプリン通りの交わる処にありました!!!

a0166324_18142255.jpg 
サガリバナ科:   砲丸の木 
南米ギアナ原産でよく公園樹として植栽されるとか。
a0166324_20413418.jpg                                   大砲ドカーン、ではなくて、砲丸投げ玉の方だとか。砲丸投げの室伏選手を思い浮かべました。066.gif
a0166324_18295637.jpg
上を向いてる花、ぶら下がっている花、SFみたいでしょ!花のガイドには11月頃見頃とありました。蕾は膨らんでいたのですが、樹の周りに3輪見事に咲き競って・・・。
a0166324_1856144.jpg
花の中央雌しべをドーナツ状に取り巻く雄しべ、そこからU字型に前に突き出したピンクは長い雄しべだそうです。何だかよく分からない?!いいや~って!辞書を引き引き大変でした!解釈間違っていたら、どなたか教えてね。花も肉厚で頑丈そう。

a0166324_18395350.jpg硬い殻の果実?!は食用には向かないようですが、「キャノンボール・ツリー」・・・圧倒的な存在感でしたよ038.gif
[PR]
by choropikotantan | 2010-10-18 18:16 | 歳時記 | Comments(7)
a0166324_20324612.jpg
ビーチリゾート・パームコープはケアンズから30キロ位北上した処にあり、その名の通り、ヤシの入り江の意味で、こじんまりとした美しいロケーションです。柔らかい白砂と入り江に沿って弧を描くようにヤシの並木が彼方まで続き、オーストラリア国内の美しい海辺の10に入るとか。穏やかで静かに陽が落ちて・・・。
a0166324_20454573.jpg前には隠れ家的なホテル、スパやレストラン、ゴルフコースなど日頃の喧騒からちょっと自分ご褒美の癒しのひとときを満喫出来ます。特にスパ施設は充実しているとか、興味津々!でもねスパはパス037.gif ユーカリの幹が存在感あるでしょ!
a0166324_21184787.jpg
ここはケアンズの海岸線ですが、干潟が続いています。名前の知らない水鳥が遊んでいました。何故か日本のような風景でしょ?!美しい珊瑚礁のグレートバリアリーフはこの先なんです。
a0166324_21204519.jpg

a0166324_21251365.jpgここは市と州と国が一体となり長い年月と膨大な予算を注ぎ、観光の目玉とした海岸線だとか。このエスペラネード・遊歩道沿いはオーストラリアの顔となっているそうです。見回りしているおまわりさんが優しかったですよ。さて今年3月、ここで出会い、気になっていた「砲丸の樹」に再会!次回にお目にかけましょう。004.gif
[PR]
by choropikotantan | 2010-10-17 21:33 | 歳時記 | Comments(2)
やっと会えました!念願のJacaranda(ジャカランダ)!キュランダ村から更に車で奥へ。                                            ノウゼンカズラ科でこの葉はアカシア、ネムノキに似て優しい葉姿です。花の見頃は9月、10月頃。今回はホント、ラッキー!!!029.gif
a0166324_21164986.jpg
世界三大花木の一つとか。花の咲き方はラッパなのに「ムラサキザクラ」とか、「ハワイザクラ」とか呼ばれているみたいですよ。   和名はキリモドキ(桐の花もどき)。                                             因みにあと二つの花木は☆ホウオウボク(鳳凰木)もう一つは☆カエンボク(火焔木)とのことです。帰国してから知りました。      
a0166324_21462859.jpg
熱帯の花木は真紅や黄色 の花が目立つけど、このスッキリとした青紫の花はいかがですか?!吸い込まれそう・・・。       
a0166324_21551529.jpg
でもビックリ005.gifまさかこんな大きな果実?!だか種だか?!ぶら下がっていようとは!下にも落ちていたけど、硬い殻でまるでホタテ貝みたい。想像の範囲を超えてびっくりの口アングリでした。        
a0166324_22101661.jpg
近くのお宅の前には満開のブーゲンビリア!!お家の方が庭の世話をしていたので、一言、写真を撮らせて下さいと許可を頂き、この下で孫とパチリ。大きな大きなローズピンクの下・・・。あんまりきれいなので孫の花かんむりにと散ってた花びらを拾い集め、心満たされたドライブでした。
[PR]
by choropikotantan | 2010-10-16 22:20 | 歳時記 | Comments(7)
夜の成田空港から7時間ちょっとでさわやかな朝にケアンズ空港着。ドアから一歩出ると賑やかな野鳥の鳴き声がお出迎え。さぁ、始まるぞ~058.gif
a0166324_18373715.jpg
海岸のエスプラネードをブラブラ、初夏の風に芳しい香りが漂います。        キョウチクトウ科、日本では「プルメリア」と呼んだ方がおなじみかな?!
ヨーロッパや東南アジアではTemple tree(テンプルツリー)
ハワイではPua Meria (プア メリア)                                          インドネシア・バリ島ではFrangipani (フランジバニ)                                 花言葉:気品、情熱、陽だまり、恵まれた人
花は一重で甘い芳香、白、黄色、ピンク、濃いピンクなどがあり、この花を糸に通してレイ(lei)にしたりしますよ ね。
a0166324_18385770.jpg
この花に会いたくて・・・。街路樹の下はいっぱい落花、思わず座り込み暫し深呼吸。。。、先ずは大好きな花、フランジバニに会えて良かったぁ043.gif今回はポストカード、石けん、マグネット、トレーなどこの花のデザイン物を買っちゃいました。押し花に出来ず、残念!                                  ケアンズは熱帯雨林とグレートバリアリーフという二つの世界遺産に囲まれたワンダーランドへの入り口です。ここに来る度、野鳥も虫も生き物たちは人と共存して暮らしているんだなぁと思います。

a0166324_20283612.jpgブッシュ・ターキーは庭先で見かけました。夢中で実を啄んでいました。ターキーとは言ってもXmasに食べる七面鳥とは違って、食べても非常にまずいようです。                                    
a0166324_22255392.jpg又またベランダから 下を見たら今度はトキが!!! オーストラリアクロトキと言うそうですが、私一人で興奮!だってこの地・ケアンズは野鳥の楽園ですもの、出会える事に感謝です。これから少しずつアップしますので、どうぞよろしく。
[PR]
by choropikotantan | 2010-10-10 18:42 | 歳時記 | Comments(7)
今年はいつになく目立ちます。里山の道端は、例年より一際赤紫が目に飛び込んできます。おもえばこの花は古への「秋の七草」に入っている花。でもあまりにも繁殖力が旺盛しすぎて!雑草として世界の侵略的外来種ワースト100の選定種の一つになっているそうです。002.gif
a0166324_0532869.jpg

確かにこの生命力!!!ひと夏で10㍍位生長、凄い繁茂。。。
a0166324_2113061.jpg
漢字の「葛」は漢名、マメ科特有の花の咲き方で可愛いのに・・・。
a0166324_2125181.jpg
風に吹かれて葉の裏の白さがはかない~と詠んだ御仁もおいでですが、とんでもはっぷん!この骨太の葉っぱ達は少々の風にもびくともせず、頼りなげ~とは無縁のご様子。。。大好きな葛餅や葛湯、くずきりは葛粉100%と表示あっても、混じり物があったりして・・・それだけ貴重なのかも。奈良の吉野葛、静岡県の掛川葛や他の土地の名産品としても良質の水と冬の寒さがないと出来ないとか。根は多量のデンプンを含み、葛粉も取れ、美味しい甘味となり003.gif解熱の「葛根湯」として漢方薬でも知られていますよね。本来葛という植物は花を愛で、蔓はリースに使ったり、素晴らしい布となったり~と昔の人の知恵の深さに脱帽です。ちなみに日本三大古布とは沖縄の芭蕉布、山形のしな織り、そしてこの葛布。原始布って稀少!!幻に消えてほしくはないけれど今ではどれも、ちょっとお値段高くて高嶺の花となりにけりです。こんなに有り難い植物なのに侵略的ワーストなどと悪名つけられて・・・。何事もはびこ過ぎるのは良くないのでしょうか?!
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-22 08:16 | 歳時記 | Comments(6)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan