<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

急に秋になっちゃいましたね! 流石に食堂の前は風ではためいていた「かき氷」はおしまいに。この辺はサツマイモ、スイカ、ブドウ、梨など名産品多く、味覚の秋は困っちゃう!な~んてね♪♪♪美味しくって、トドのつまりは着ぶくれのせいにして・・・037.gif
聞き流していた面白言葉の味もご馳走ですよん!
a0166324_12312323.jpg
皆様のお宅地方は如何な言い回しですか?教えて下さいな。

 桃栗3年 柿8年~~~ この続きが面白いです。。。
 柚子は大馬鹿 18年
 林檎ニコニコ 25年
 女房の不作は 60年013.gif
 亭主の不作は これまた一生041.gif

 桃栗3年 柿8年
 柚子は 9年で花盛り
 梅は酸いとて 13年

 桃栗3年 柿8年
 枇杷は 9年でなりかねる
 柚子は遅くて 13年
 梅は酸い酸い 18年 
 
 梨の大馬鹿 13年
 梨の馬鹿めは 18年
 梨のべらぼう 18年~~~
a0166324_2159427.jpg
桃栗3年 柿8年 人の命は50年 夢の浮き世に さゝのであそべ
                                         「さゝのであそべ」=酒飲んで遊べ
                                                                   今では人の命・80才にしても 浮き世は同じ! さゝのであそべ~も通用するのでしょうか?

 『二十四の瞳』の作者・壺井栄さんの文学碑には、こう刻まれているそうです。
 「桃栗三年 柿八年 柚子の大馬鹿十八年」・・・生前好んで色紙にはこう書いておいでだったとか。
 そして 「みんな 仲良く」 が最後の言葉ですって!014.gif

 私事、明日から10日間ほど、三男家族在住の豪州・ケアンズへ一人で行ってきま~す。少しの間お休み致しますね。どちらさまもお元気で。040.gif


  
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-25 22:37 | 好きなこと | Comments(4)
今年はいつになく目立ちます。里山の道端は、例年より一際赤紫が目に飛び込んできます。おもえばこの花は古への「秋の七草」に入っている花。でもあまりにも繁殖力が旺盛しすぎて!雑草として世界の侵略的外来種ワースト100の選定種の一つになっているそうです。002.gif
a0166324_0532869.jpg

確かにこの生命力!!!ひと夏で10㍍位生長、凄い繁茂。。。
a0166324_2113061.jpg
漢字の「葛」は漢名、マメ科特有の花の咲き方で可愛いのに・・・。
a0166324_2125181.jpg
風に吹かれて葉の裏の白さがはかない~と詠んだ御仁もおいでですが、とんでもはっぷん!この骨太の葉っぱ達は少々の風にもびくともせず、頼りなげ~とは無縁のご様子。。。大好きな葛餅や葛湯、くずきりは葛粉100%と表示あっても、混じり物があったりして・・・それだけ貴重なのかも。奈良の吉野葛、静岡県の掛川葛や他の土地の名産品としても良質の水と冬の寒さがないと出来ないとか。根は多量のデンプンを含み、葛粉も取れ、美味しい甘味となり003.gif解熱の「葛根湯」として漢方薬でも知られていますよね。本来葛という植物は花を愛で、蔓はリースに使ったり、素晴らしい布となったり~と昔の人の知恵の深さに脱帽です。ちなみに日本三大古布とは沖縄の芭蕉布、山形のしな織り、そしてこの葛布。原始布って稀少!!幻に消えてほしくはないけれど今ではどれも、ちょっとお値段高くて高嶺の花となりにけりです。こんなに有り難い植物なのに侵略的ワーストなどと悪名つけられて・・・。何事もはびこ過ぎるのは良くないのでしょうか?!
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-22 08:16 | 歳時記 | Comments(6)
今日の天声人語に『けさの秋」という季語があり、もう夏のものとは思われない気配に、ふと気づく朝をいう。身を潜めていた秋が急に姿を見せたような空気になった。その秋風を日本では「色なき風」と表した。夏の湿気が払われて、透き通って寂びていく景色。もともと風に色はないが、そこに「色なき」を見るセンスに頭が下がる。』・・・とありました。筆者が頭が下がるなら、私なんかはのけぞってから頭を下げなきゃ~。045.gif分厚い新聞チラシは衣食住ぜ~んぶ秋という字が満タンですね。               
a0166324_1882834.jpg
犬ころ草が転訛して、エノコログサとなったこのポアポアの野草。イヌがネコになり037.gif猫じゃらしとも言いますね。昔の人はホント抜群のひらめきセンスです。道端やら空き地やら、あまりにもありふれて!秋って感傷演出にはぴったんこ、DVD061.gif映画を愉しむにはもってこいですね。旧作ばかりですが、しっとりと老女優たちの台詞に聞き入ってしまいました。。。
2006年 スイス映画  題名:「マルタのやさしい刺繍」  キャッチコピー「夢をもつことが人を輝かせる」    監督が35才の女性、主演者達は80才を越えた老女達!しみじみとした丁寧な佳品です。おばあちゃん達が引き起こす小さな、ステキな革命です。生きるとは~心温まり、背中をちょっと押された気持ちです。何だか頑張ろうって!!!
2007年 アメリカ映画  題名:「いつか眠りにつく前に」   好きな女優:メリル・ストリーブ ちょっとの出でしたが最高! ベットで死を待つ重い病の老女が回想しながら言う~「ありふれた一日の ありふれた瞬間」 ~072.gif そういえばありふれた言葉、ありふれた景色に鈍感になっていたかしら?!          ありふれた平凡は難しい事!紆余曲折、波瀾万丈の人生を乗り越えた後にはきっと穏やかな日々が待っている筈と信じて。。。改めて生きることは有り難く、日々の暮らしを幸せと感じる今日この頃でございます。
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-16 18:22 | Comments(6)
今日は恵みの雨でした!乾ききった土はさぞや057.gifのどを潤した事でしょう。昔、ケイトウは苦手な花の筆頭でした。最近になりやっとしみじみと眺め、ビロードの頭を撫で撫でしたりしています018.gif花序がトサカケイトウ系や槍ケイトウより、密でこんもりと丸みをを持つ久留米ケイトウ系が好みですけどね・・・。 こんなに野性的で強烈なインパクトのある花が古の万葉の歌にも詠われていますね。クズ、オミナエシ、ナデシコ、フジバカマ、ススキなど楚々とした花達と一緒に。。。情熱的というか、素朴で健康的というか!英語でも「「Cocks-comb]意味は鶏のとさか。イメージは同じで世界共通かも?!
a0166324_20432613.jpg
バックの車の色が何故か色褪せて見えました、、、鶏頭さん、あんたは罪づくり・・・。花言葉は「おしゃれ」・「気取り屋」・「博愛」。                                                                                                                                   「鶏頭の 十四五本もありぬべし」    正岡子規
a0166324_2048114.jpg
うねるような花弁は大きく見えますが、本当は小さな花の集合体です。この花を見て触っていると内からエネルギーが出てくる予感がします。花の持つ癒し効果は確かにありそう・・・。足りなくなった気を補ってくれそうですもの。           「鶏頭となるも 牛後となるなかれ」 鶏は小さな団体、牛は大きな団体のたとえで「小さい団体のトップでいる方が 大きい団体の下っ端でいるより良い」という中国の喩えです。。。どうでしょうね、! 反対の「寄らば大樹の陰」 的生き方もあるけど・・・。今の時代は難しいですね!考え方、生き方は人それぞれ、ライフスタイルは自由ですものね。さぁ、確実に秋がやってきた様子でホッとしながらも、今年の冬は厳寒かな?と憂いています。まだ残暑がのど元過ぎていないのに・・・。老いの身支度に忙しく、後がないよ~とボヤキながら、それでも「恋」に恋している婆ぁばは一人健在で居りますことよ。037.gif お忘れなくね!                                                                                                              
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-08 21:42 | Comments(6)
ここは日本の棚田百選の「大山千枚田」。 日本では唯一雨水で耕作を行う天水田だそうで、場所は千葉県内房の鋸南から長狭街道で鴨川へ出る山ん中。小さな水田の段々畑が幾重にも並び、秋は収穫!稲刈りの時です!幾何学模様が何とも優しく、キラキラと水の張った春先もきっと素晴らしい眺めでしょうね。田植え、草刈り、稲刈り、脱穀、収穫祭などすべて手作業だそうで、作業参加者は初心者でも農家の方が細やかに指導してくれ、収穫したお米はお持ち帰り出来るとか!格別の味でしょうね。1区画約100平米で年間3万円だそうですが。。。
a0166324_1494084.jpg

a0166324_14174591.jpg                道には20体のかかしさん!その中のアンパンマンは天高く、存在感満点。札には               「アンパンマン  棚田にやって来た!」 とありましたよ037.gif 。
                                                        
a0166324_14543096.jpg
龍馬さんも暑い日差しに大汗!。同じく札には「龍馬君   棚田に現れる」 と。 今の日本をどうお考えでしょうかねぇ?!じっくり聴いてみたいものです004.gif。                                                                                                                              「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」   詠み人知らず    
[PR]
by choropikotantan | 2010-09-03 14:59 | 歳時記 | Comments(6)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan