<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「寒い寒い」と言いながらも058.gif毎日晴天続き!有り難いですね。この地周辺には私のお気に入りの場所があります。隣町・芝山の古刹・芝山仁王尊へは車で20分。正式名は「天応山・観音寺教・福聚院」。創建は古く、奈良時代末期の建立とか。10万坪からなる広大な境内に七堂伽藍を揃える大寺院です。。。お正月は人、人、人でごった返しですが、今日は穏やかな佇まいで参拝客もまばらでした。
a0166324_23281310.jpg
途中近くの道、信号傍には菜の花に囲まれて、はにわの仲間がお出迎え。。。
a0166324_2337913.jpg
三々五々の客人が無事にお参りして降りてくるのをここでじっと待っているような感じ!「良いお参りでしたよ」ってね。
そろそろ誰か来ないかにゃ~ん。043.gif
a0166324_14282298.jpg
仁王門                                              日本で唯一といわれるお堂形式だそうです。きらびやかな成田山よりここの方が私にはずっと落ち着きます。 
a0166324_2349116.jpg
10年前に成田・三里塚に住んで以来、ここが好きで何度となくお参りに。周りの竹林も公園も広く、本当にのんびりです。。。説明では「ご本尊は平安時代前期の作風を示し、房総の古代仏教の遺品として貴重な古仏ですが、60年に一度開扉される秘仏」とありました。拝みたいものです。021.gifさて、60年・・・?!その頃にゃおりませぬゥ~~。さいなら。。。右の建物ははにわ博物館。
a0166324_004426.jpg国指定史跡殿塚・姫塚の発掘によって出土した埴輪の保管の為に昭和32年に設立された博物館です。
a0166324_0114518.jpgここが一番のお気に入り!
時々ここをステージとして、世界のアーティスト達が舞踏、ダンスなど060.gifパフォーマンスして盛り上がります。。すごく開放的な寺院の許容ですよ。何年か前は本堂の広い畳の部屋で、ハープとフルートの二重奏を聴いたり。。。当寺恒例の節分会も間近です!鬼やらい、福撒きはこの前で行われ、また大勢さんが集まることでしょうね。
[PR]
by choropikotantan | 2011-01-31 23:28 | 歳時記 | Comments(6)
毎年、今頃になると何故か、レンタルDVDが観たくなります。それも洋画、邦画問わず古き懐かしい時代を。。。だけど名作といわれる映画はあまり借り手がいないのでしょうか、コーナーは品薄です。 いつもガックリ。今回は、再々だけど「市民ケーン」、「ライムライト」、そして「宗方姉妹」を続けて楽しみました061.gif市民ケーン」・・・正にアメリカ映画としては全く以て骨太な作品!始まってすぐのシーン、息を引き取るケリーが残した言葉「バラのつぼみ」とは?!~~~最後のシーンが衝撃的でした!オーソン・ウエルズ25才!!!の時の監督、主演004.gif            「ライムライト」・・・チャップリンの監督、主演。切なく、優しく、しみじみ心に届きましたね。あの有名な美しい旋律のテーマ曲は060.gifチャップリンの作曲だったなんて。昔からいっぱい聴いていたのに知りませんでした。。。そして
a0166324_16583130.jpg
              1950年作品                                                          原作:大佛次郎                                                         監督・小津安二郎
配役: 父・・・笠智衆
     姉・・・田中絹代
     妹・・・高峰秀子
小津作品は久しぶりでした。高峰秀子ファンのはしくれと致しましては、昨年12月に天国への旅に逝かれた女優さんに会いたくなったのかも・・・。でもこの映画は何と言っても田中絹代の佇まいの美しさでした! 父と姉娘の会話のシーン・・・きつめの襟元、帯は寒椿の絵柄の着物姿。父と一緒に庭先を見ていると・・・一輪椿が落ちて046.gif姉は思わず、横を向き涙をぬぐう・・・このシーンの間!!!はっきりしない姉の態度に妹が頭に来て色々云うのですが、因習に縛られても尚、妹のデコちゃんにきゃさな田中絹代がキリッと澄んだ目で言うのです。「古くならないことが新しいことだと思うのよ。ほんとに新しいことは、いつまでたっても古くならないことだと思っているのよ」・・・と。愛くるしくて、反抗的な妹役のデコちゃんも適役!!そして、脇役の中では食堂のお姉ちゃん役の女優・千石規子!もう90才近しの名脇役、今でも大好きな役者です。 
a0166324_2002311.jpg  「わたしの渡世日記」上・下巻 016.gif            30年位前に読んだけど 歳を重ね、今また読み終えたばかりです。
a0166324_2058179.jpg品格って覚悟がいるもの。何というか・・・とにかく凄い!!!平成22年12月28日天国へ旅立たれたデコちゃんの潔い一生!一代記の鋭いペン先!・・・こういう女性はこの先、出てこないでしょうね。。。名作とは、時代を経てもちゃんと生き残っていくのですね。再発見の連続でした038.gifあの台詞のように・・・・・・「古くならないことが新しいことなのよ」
[PR]
by choropikotantan | 2011-01-27 21:15 | 好きなこと | Comments(4)
早いものですね!大寒も過ぎ、巷は053.gifバレンタイン・チョコレートに早変わり。何とか商戦は記念日に先駆け目白押しです。15日は小正月・別名女正月の日!久しぶりに「成田ワイン倶楽部」主宰の2011年度・ワイン会に友人と2人で参加しました。成田市の隣・富里市の「マキノ酒店」の店主はこの会の立ち上げの会長であり、フランス食品振興協会(Sopexa)認定コンセイエ。コンセイエ(conseiller)とは助言する人の意味ですが、何しろ私ときたらお酒は還暦を過ぎてからやっと。。。「あら?私ったら飲めるじゃないの!!」だったものだから、♪♪♪この道はいつか来た道♪~いいえ、初めて出逢った未知の道~037.gif。少しずつマキノさんの助言で「こんなお料理の時ね」、「我が家で友人とね」とか。その都度ドンぴしゃりと「これなんかどう」って。山を愛し、野草を愛し、落語を愛し、粋で洒脱でステキな江戸っ子気性!奥方Hちゃんも同じく豊潤なワインの香り、イコール文化を漂わせ?!チャキチャキ江戸っ子、なかなかの強者です。Hちゃん!「太っ腹」って書こうとしたけど「異議あり~」って聞こえて来たから消しましたよ!えッ、消えてない!おかしいわねぇ003.gif。とにかく愉しいご夫婦です、
a0166324_13103676.jpg
毎年、2ヶ月に一度のペースで開催の会は15年にもなるそうです038.gif。夕刻よりBホテル内の一室は各地よりの参加者で大盛況!                          今回のテーマ:「カリフォルニア・中井さんのワイン」                    ナカイワインオーナーの中井さんは30年以上にわたりカリフォルニアでブドウ栽培からワイン造りに精魂込め、現在はワイナリーとしてワインを生産、販売が中心とか。初めに中井さんからカリフォルニアという風土の事、ワイン造りに大事なのは一に温度、二に土づくり、三に水だとおっしゃってました。フルーツは温度が命だと。日焼けした柔和なお顔からは自然を相手にどれ程の汗と涙を滴らせたことか、想像すら出来ませんが一言一言から上質なワイン造りへの情熱で苦難を乗り越えられ、何を質問されても体で会得した術は自信となり笑顔で即答されておいででした。マキノ店主との縁から日本での販売が広がったようです。
a0166324_1455553.jpg透き通るような黄金色!いずれもたっぷりとしたフルーツの香り、何とも言えないハーモニーの余韻が残り、立食パーティのお料理と合い、誠に美味しうございました。赤ワインもホント!幸せ~。043.gif
a0166324_14262156.jpg中井氏は各テーブルを回って談笑。月の満ち欠けが好きな私は素朴な事を伺いました。                          「あのぅ、ワイン造りってお月様と関係ありますかぁ?」                                  目を細めながら                                                        「いやぁ、いいなぁ、こんな事尋ねて下さって、大いにあるんですよ」                         「そうなんですか」                                                       「例えばね、新月の時に澱が沈みやすいんでそっと上を分けたりね」                        「へえぇ~、そうなんですか!」                                                曖昧模糊な返事しか出来ない私!でも嬉しかったです。分からんちゃんの私にゆっくり、きちんと教えて下さって。。。ありがとうございました。だって、農産物はお月様と深~い関係がありそうだもの・・・。次回も参加しようかな。029.gifいい気分で帰宅。そしてレンタルの懐かしい映画を観ました。ウン十年ぶりの名作!!この話は次回にしましょう。
[PR]
by choropikotantan | 2011-01-24 16:09 | 好きなこと | Comments(8)
紅白の可愛い餅を手のひらで丸めながら、ふと思い出しました。「人生は持ち直し持ち直ししながら経ってしまう・・・」と。昨年もこうしてね・・・。素朴な成木餅(なりきもち)は飾り花、餅花、繭玉などと地方によって呼び名は違っても昔から見慣れた行事。五穀豊穣を願って、小枝に小さく紅白の餅やミカン、キンカンなどで花を咲かせます。 成木に使う枝は、この辺では「栗の木」、やりくりがうまくいきますように・・・という意味があるそうです。他にはヤナギ、ツバキ、樫の木などの小枝もありますよね。
a0166324_2232077.jpg
居酒屋「Y」さん   家族ぐるみのお付き合い!お世話になりっぱなしです。いつも地域のイベントなどに呼んで下さいます。キンカンは昨年と同様に近くのTさんのお庭で収穫したものです。

a0166324_22421284.jpg外にも小さな餅花。 持ち帰り用として、私達の枝を欲張って満開にしちゃった為037.gif今年はこんなに小さくなってしまったのでした。ありがとうのすみません!!!
a0166324_2255472.jpg お餅のフルコースをいっぱいご馳走になり満腹で帰宅。さぁて、出来たての餅花をどこに飾ろうかな?!我が家は柱もなく、床の間もなく・・・。
a0166324_22565143.jpg
結局、玄関のここしかないのでした!ごちゃまぜですが、自作のステンドグラスのミラーに重なり、餅花は満開に。めでたし、めでたし。雅な雰囲気はないけどお許しあれ。038.gif 
[PR]
by choropikotantan | 2011-01-13 23:17 | 歳時記 | Comments(6)
新春おめでとうございます。年々一年が早いこと!昨年の1月22日、恐る恐る拙い画像とその時々の思いをアップしたのが始まりでした。ご縁に感謝です。ありがとうございます。今年もマイペースでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます029.gif。                                       成田から小1時間余りで行ける茨城・行方(なめかた)市の北浦湖畔は「白鳥の里」として知られています。穏やかな新年の陽だまりに誘われ、一人ドライブを満喫しました。a0166324_2347429.jpg立て看板があり、分かりやすい処でしたよ。
a0166324_23511658.jpg
おじさんは「ホレ、ホレ」な~んて言って慣れていたみたいだけど、隣の女性は固まっていました。実際、ここまで傍に来られると怖いカモ!でもね、物静かな純白の美しさの中に、数千キロを渡る体力を秘めた迫力というか!!!やっぱり凄い命です。
a0166324_23595020.jpgパンくずをねだっています。何しろ人慣れしていますねぇ!037.gif
a0166324_0142965.jpg
秋にシベリアから飛来し、春になると北へ帰ってしまう水鳥の中でひときわ大きくて美しいスワン!カモや雁など浮寝鳥たちは、自分より何倍も大きな白鳥を怖がらず、皆一緒にエサをくれる人に群がっています。正に生存競争。。。白鳥の古名は鵠(くぐい)。
オオハクチョウ、コハクチョウ、コブハクチョウなどの種類があり、古来より神聖な鳥とされ、神話にも登場しているそうです。知らなんだ!012.gif
a0166324_026493.jpg
やっぱりスワンは水面で優雅に漂っている姿が良いですよね!060.gif白鳥の湖ですもの!!そして私の大好きなYo Yo Maのサン=サーンスの白鳥!演奏の終わった時の笑顔が余韻と共に、ステキ。。。
a0166324_0282059.jpg

これからもずっと渡り鳥たちが安心して来られるような日本列島であってほしいですね014.gif
[PR]
by choropikotantan | 2011-01-02 23:54 | 好きなこと | Comments(8)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan