<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

台風も来て、057.gif3日も続き、いよいよ梅雨に入りました。しばらくは定まらない天気が続きますね。昨日DIYショップへ行った時、ラッキーにも書籍バーゲン開催中でした。沢山の本の中から童話作家:たに けいこさん著「はるかなる屋久杉」を見つけました001.gifこの本が手招きしてくれた?!妙にドキドキ!作家さんは鹿児島在住の環境問題に取り組んでおられる68才位の方で画は娘さんが担当、1997年の発行本です。勿論即購入。声に出し一語一句誰もいない部屋でゆっくり朗読。心がじわぁ~んと熱くなり、消えないのです!!!
a0166324_059334.jpg
・・・「むかし、むかし、大昔の千四百万年前、鹿児島の南の海上に、海底から湧き出た花崗岩が、隆起して出来た、島がありました。」                  さぁ、始まり始まり~。。。時空を越え、気の遠くなる時の流れに身をまかせ、何だか妙に幸せ気分!太古の時間は1000年単位!人の一生なんて泡のようです・・・。034.gifそうだ!ゴソゴソ押し入れからアルバムを探し出し、、、忘れかけていたあの貴重な体験がこの童話と出会ったお蔭で再燃!!!屋久島の生きものたちの命の素晴らしさが童話の物語にダブってまたまた感動・・・。063.gif梅雨ごもりにはうってつけでした。
a0166324_202468.jpg
懐かしい思い出の写真は7年前、04年5月、2泊3日のフィールドワークの旅!色彩研修会参加の時です。061.gif未知との遭遇ってありましたね。全く以て、よくまぁ、あのヤクスギランド・原生林を歩いた、いえ、歩けたものです008.gif。Unbelievable 信じられない。。。何てったって「世界自然遺産の島」だもんね。少人数だけの「自然の色の始まり」の勉強会でした。060.gifもののけ姫の舞台!ヒメシャラの美しさ!延々と太古からのコケやシダ類の地床植物が広がり、正に幽玄の世界!ヤクシカが私達のスケッチ姿をキョトンと見ていたっけ。。。夜中には皆懐中電灯を持ち、海辺を黙って歩きました。沈黙を守りつつウミガメの産卵に立ち会ったりもしました。帰りは独り霧島神宮参詣の為、鹿児島空港で皆とバイバイ029.gifあの龍馬さんが姉さまに送った文も見ましたよ!おりょうさんと新婚旅行に来たんですよね、ここに。037.gif
a0166324_264870.jpg
今日の午後は風も収まったので運動不足にならぬよう、歩け歩け。ここは我が家から歩いて5分の処。手つかずの雰囲気で散策にはお気に入りのコースです。003.gifまるで原生林のようでしょ!先には「さくらの丘」という空港離発着の展望コースがあります。
a0166324_2101312.jpg

木漏れ日が優しいね!a0166324_2105565.jpgシャクナゲが一輪かろうじて残っていました。屋久島シャクナゲは有名ですよね。何故か親戚みたいな気分でお花を撫でて。新緑も薄いみどりも濃いみどりも地球に無くてはならぬもの!改めて私達はどの位自然を破壊しながら殿様三昧してきたのでしょう。014.gifこれからは謙虚に、価値観の軌道修正をしながら暮らして行かなくちゃぁ・・・ね。
[PR]
by choropikotantan | 2011-05-31 11:12 | 歳時記 | Comments(4)
夏に向け少しずつ慣らし慣らしの準備もなく、ちょっと肌寒いかなって言っていたのに・・・昨日の暑さは急でした。身体がついて行けません。それでも好きな場所へちょっと出かけてみました。昨年の晩秋に枯葉の「三里塚記念公園」をご紹介致しましたが、今回の画像も同じ位置からです。マロニエ並木道は058.gif強い日差しをさえぎって威風堂々でした。
a0166324_1605124.jpg
歩いて数分のここは私のお気に入りの一つです。木漏れ日の散歩は幸せ感いっぱい!
a0166324_167178.jpg
マロニエの葉っぱをすかせて見れば、葉脈キラキラ。。。
a0166324_1617599.jpg
だぁれもいない園内をぐるりと散策。園道沿いを歩きながら見上げると「朴の花」が泰然と咲いていました。ぽったりとしたお花!ゆったりとしたお花!天上の方で風に揺れながらほほえんでいるのかな?!降りてきてよ~。都々逸に「櫻」という字を分析すれば二貝(二階)の女が木(気)にかかる~~~て言葉遊びもありますよ~。037.gif今は櫻は桜って書くし、古い古いね。。。下から見上げるとまるで仏様の座れる台座のような。
a0166324_16483218.jpgモクレン科特有のほのかな甘い香りが漂ってきます。そうそう、「泰山木」も同じ仲間。言葉遊びじゃないけれど、「朴」って字はほめられ言葉にもからかわれ言葉にもなりますね。例えば~~「素朴な方ね」、「純朴ね」、「朴訥だこと」とか。ナイーブって感じかしら。「朴 念仁だこと」って言うと堅物かな!003.gif
a0166324_1783391.jpg こうしてしぼみ、人知れずほどけて散って行くのでしょう。それにしても艶やかな磨き上げたような濃い緑の葉っぱビッグだこと。ほおば焼き・・・朴の葉の香りと味噌の風味が美味しいですよね。
a0166324_172644100.jpg

意外とすべすべな樹皮に日差しがまぶしく映えて、いよいよ夏へとまっしぐら。お願いだからゆっくりと暑くなってほしいものです。
[PR]
by choropikotantan | 2011-05-22 18:02 | 歳時記 | Comments(4)
057.gif2 ,3日前はけぶる雨で階下の真っ白い鈴蘭は涙の雫がいっぱいでした。これぞ「マリアの涙」
a0166324_1627998.jpg  ユリ科で別名:君影草・・・お花が階段状につくので「妖精の階段」とか「天国への階段」とか呼ばれていますね。。何だかロマンチックですこと!フィンランドの国花ですって!スノードロップやスノーフレークなど下向きに咲く花って何ともいえずに可愛い。花言葉は意識しない美しさ、純粋。。。でも根っこも花も葉も毒ありなんですね、これが。。。026.gif 
a0166324_16533860.jpg お隣りの庭のミカンの花も香りもしっとり濡れていました。
                    a0166324_16573362.jpg060.gif   思わず口から童謡♪♪みかんの花が咲いていた~思い出の道 丘の道 はるかに見える 青い海~♪♪037.gif    私の叔父が同じ町でレコード店をしていたので子供の頃から沢山のレコード盤をとっかえひっかえ聴いていた記憶があり、こんな時ってす~と出てきますね。確か川田正子さん。ワンちゃんの蓄音機はビクター。手回しして、針を微妙に寝かせながらそっと乗せ・・・あぁ、懐かしいなぁ。CDもDVDもない時代。終戦直後の心のオアシスは童謡でしたもの。検索で面白い秘話を知りました。「りんごの唄」は空前の大ヒット!ならばとこの「みかんの花咲く丘」のスタッフは、「りんごが“実”なら、みかんは“花”でいこう」と決めたそうです045.gif。軽やかなワルツの前奏ですよね。
a0166324_1874932.jpg
何となくもの憂く、茅花の心境。ぼけ~と見ていたらこんなハートがありました!子供達が遊んだ跡かしら?!a0166324_18124362.jpg
[PR]
by choropikotantan | 2011-05-19 18:14 | 歳時記 | Comments(4)
昨日は058.gif我が家から車で1時間20分位で銚子まで出かけました。北は利根川、東南は太平洋。関東では正に国のとっぱずれ!子供の頃から何度も行っているのに、今回は「藤まつり祈願祭」に参加したくてお寺さんへ。どんな藤房なんだろう?!ワクワクしながら妙見宮・妙福寺へ到着。ここはJR銚子駅近くです。
a0166324_139486.jpg
今回は震災復興への希望、祈りを込めた特別な藤まつりだそうです。「臥龍の藤」・・・樹齢750年の藤の根元がまるで龍が寝ているような姿に似ているんだって。成る程ねぇ!005.gif
a0166324_13334932.jpg花房は1.5メートルにも達する見事さ!クマンバチがあっちに飛んで、こっちに止まって、チュッチュ。私はクンクン、いい香り!ウットリ。それにしても夜だったら、きっと花の精って居てもおかしくないわね。ほんに幻想的。024.gif
a0166324_13422521.jpg紫の花すだれ!何となくもの憂い感じで日本的!!!急に思い出しました。藤の花でいっぱいの華やかな舞台に塗笠を被った玉三郎さまの「藤娘」・・・♪何とも可愛い中に色気があってね。藤の花房色よく長く~~で始まるこの一節、思わず口から出ちゃいました。マメ科のお花って可愛い!006.gif
a0166324_14133872.jpg日蓮宗のお坊さん達の読経はこの度の震災復興への祈り、腹の底からのうねりで力強く打楽器のよう!読経とは声による写経とも言うそうですね。賑やかな鳴り物は聞けば「木剣」(ぼっけん)の音だそうです。境内中に鳴り響きました。私もね、風化させない事、絶対忘れない事を改めて誓いました。
a0166324_14361668.jpg 役員、神輿担ぎ手、老若男女の祭り半纏の方々は皆神妙な面持ち。「本日の神輿練り歩きについては自粛すべきか否か考慮しました。単なる祭りでなく、復興という希望の願いを込める意味で開催する事にしました。従いまして一つ、飲酒しないこと。一つ、喧嘩トラブルは絶対に起こさないこと等ひとえにお願い致します」と。それぞれ厳粛に受け止めた事でしょう。それから三拍子して、境内から街中へ繰り出して行きました。。。
a0166324_15313469.jpg
ひときわ青空に映えて雪のような花!木の名は「なんじゃもんじゃの木」。清々しいこと!
帰りは無料の甘茶を頂きました。。a0166324_14484492.jpg微かな甘さで優しい味でした。本当に甘露の雨ね。043.gif
a0166324_10125629.jpg
さて帰路は折角来たんだからと好きな060.gifCD流しながら海岸線をくねくね走り、気持ちの良い一人ドライブを満喫。海鹿島の白波も君ヶ浜の白砂も犬吠埼の灯台も、そして磯の香りの潮風もみ~んな穏やか!海は~やっぱり海・・・この日心ゆくまで癒されました(ホッ)。
帰宅したら息子に「ご感想は?」と聞かれ、即答「あたしゃ、満足じゃぁ~!」、、、「フーン」だって。037.gif
[PR]
by choropikotantan | 2011-05-09 15:48 | 歳時記 | Comments(4)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan