<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

058.gif朝からお散歩にぴったりの陽ざしです。そこで久しぶりに近くの
「さくらの丘」まで行ってきました004.gif成田空港の離発着が間近に見られる絶好の憩いの場です。20分ほどで到着。
a0166324_1943855.jpg
「いらっしゃい~」デルタ航空さ~ん029.gif 
a0166324_19455777.jpg 先ずは此処、遊歩道への入り口までは我が家から歩いて5分とかかりません、ハイ。 
a0166324_19535633.jpg小径を通り抜け、なだらかな坂を上がっていくと急に視界がぱ~っと、明るく・・・。
   a0166324_208398.jpg 櫻紅葉はあと少しでお引っ越し。まるで葉っぱのフレディね。
 a0166324_2013127.jpg自然界の色合い、何てきれいなんでしょうね!! 過もなく、不足もなく・・・ソルの色!


a0166324_2028125.jpg
     
[PR]
by choropikotantan | 2012-10-29 20:52 | 歳時記 | Comments(10)
昨日の余韻がまだ.....。
というのはね、1週間前に偶然見つけたパンフに「行きたい~!」030.gif早速予約してと。  そして一人で出かけ、堪能、感激というるつぼにはまった訳でございます。 
a0166324_1919364.jpg
ここは隣の多古町(たこ)。多古の道の駅はすぐ近くです。多古町は元城下町、昔からアーチストが多数住んでいて、文化が根付いている町。私の大好きな叔母家族が住んでいたので子供の頃から見知っていた町です。お米の「多古米」は美味しくて有名ですよね。秋!雲も、風も、田園景色も爽やかです。この道を真っ直ぐ、車で4、5分森へと走れば目的地・日本寺(にちほんじ)です。
a0166324_19201237.jpg
 此処は日蓮宗本山=関東三大檀林の一つで全国から多くの学僧が集い、270年間、延べ10万人が巣立っていき、明治5年頃まで続いていたそうで、華美とは程遠き、品格ある古刹です。
a0166324_19352821.jpg
別名:あじさい寺としても有名ですよね。山門をくぐると本堂までの200㍍は杉林とアジサイが出迎えてくれました。境内には8000本のアジサイ・・・来年の6月頃はジャリを踏みしめながら見事な花々で、さぞや見事でしょうね!来年はきっと参りましょうほどに。               
 a0166324_19465432.jpg あらまぁ、陽気のせいかしら。みっつ咲き残っていましたよ!  
本堂は珍しい2階建て。キンキラキンのお堂でなく、ひっそりと佇むこの「日本寺」。今日はさんざめく我らに日蓮様も苦笑いされておいででしょうね、暫しお許しあれ!
a0166324_2034913.jpg
 開演5分前、撮影は禁止。ドキドキ・・・043.gif
a0166324_20395034.jpg
 チケットは何と驚きの1000円也。 嬉しやな。                                                                   演目                                                                               「祇園精舎」
「足摺」
「千手前」
「鶏合壇浦合戦」
構成・演出・語り~~~金子あいサン (俳優)
音楽~~~~~~~~~永田砂知子サン(打楽器奏者、オリジナル波紋音)                                                                       
この日に備えて何十年ぶりの「平家物語」原文で読み直ししましたよ!034.gif少しでも近づきたくてね!正解でした。
a0166324_2144748.jpg 舞台俳優・金子サンの口跡が何とも心地良く、さすが!!!章段によって優雅さと力強さと切なさと・・・涙がじわじわと溢れてしまいました。                        登場人物がこんなにダイナミックに、表現されて・・・。この空間は大きな劇場では絶対味わえない「平家の世界」でした。                                            終了後、ツーショットの貴重な画像です。素の彼女はお若いし、美人で、謙虚で、可愛い方でした!!  
 a0166324_2175815.jpg 永田サンは何だか人生を達観されておいでのような、自然体の方とお見受けしました!!譜面かと思いきや、めくっていたのは語りの言葉!音は場面事に全て即興、時々遊んでいるんですって。残響が柔らかく、妙に懐かしい音色は神秘的。摩訶不思議!出だしから幽玄の世界に誘ってくれたのです。
a0166324_2117488.jpg 鉄の作家:斉藤鉄平氏の作品。この切れ込みが微妙な音色を生むそうな。素材の鉄の円筒を作り、中は空洞、その上面にはこんな切れ込みが。
お二人の活躍はそれぞれのブログでご覧下さいませ音037.gif

  

 a0166324_21402147.jpg 
a0166324_21413592.jpg♪♪♪でんでんむしさん、あの音色、ここまで届いたかなぁ~?! ♪♪ 気持ちよかったでしょう029.gif   

 小径にこんな・・・。a0166324_1949143.jpg思い悩める若き僧侶達の道しるべか?!  
あの波紋音が答えを導いてくれたような気がしました・・・014.gif
[PR]
by choropikotantan | 2012-10-21 21:58 | 好きなこと | Comments(6)
今日は058.gifあっぱれな秋晴れです。
昨日は行きつけの産直でこんなカボチャと出会いました。                                                   「ねぇ、作ってごらんよ、美味しいからさ!」って何故か手招きされているような・・・029.gif                                                      
a0166324_11335290.jpg
早速1コ買ってきました。 
 a0166324_15472182.jpg 切り口はみずみずしい!「スープでどうぞ」って、039.gifどれどれ。。。
a0166324_15572411.jpg 皮と種を取り除き、一口大に切って鍋に入れ、ひたひたの水と和風だし?~詳しいレシピがないので、私流に白だしを少々加えました。 
a0166324_1654238.jpg 産直店のカードには柔らかくなったところでミキサーの出番とありましたが、マッシャーでただ押して潰して~~。あっという間にトロトロに。牛乳、塩こしょう、バター少し入れて~と045.gif     
 
a0166324_16154587.jpg
簡単、シンプルなのにとっても美味しい!! ちょっぴりつぶつぶがあっても♪♪♪大目にみてよ037.gif                                                                                                                                                                            日曜日の夜は息子と居酒屋・Yさんへ行きました。
そこで、カウンター内には久しぶりのエリオ(弟)さんが!                                                       お兄ちゃんはこちら側で町内の方々との打ち合わせの様子でしたから。             
a0166324_17322418.jpg  サンマの創作おまかせ。サンマの梅肉、シソ巻き揚げ、中は生!あッ、写真を撮るのを忘れちゃいました!     お酒が美味しいな!~~なんて事を言うと、誤解されちゃうけど、還暦過ぎてからお酒が合う体質に目覚め、遅咲きも散り際も一緒。入門は此処のカウンター、今は修業の身でございます。健康に感謝、家族に感謝、周りの方に感謝です。                          Y店さんは私にとってのオアシス!Tさん、エリオさんご兄弟に乾杯!また来てね006.gif  
[PR]
by choropikotantan | 2012-10-16 17:40 | 好きなこと | Comments(6)
やっと秋が駆け足でやってきました。
国道51号線からちょっと坂を下ると“伝心庵”というそば処があります。
初めて行ってきました。
a0166324_21581344.jpg 駐車場には燃えるような彼岸花が咲き誇り、一時のこの世を謳歌していました。開店前にもかかわらず店主はにこやかに招き入れて下さいました。

a0166324_20444637.jpg
  ヒガンバナ科:  花言葉は再会 悲しい思い出。 それでも天上の花!                                           紅というより緋の色! スカーレットとも言い、激しく情熱的な色ですね。                                                            日本の何処かに100万本の赤いじゅうたんのロケーションがあるそうだけど、さて、居心地はどうでしょうか。興奮してしまわないかしら。                                                            
a0166324_20485467.jpg
やっぱりあぜ道や、土手、民家の周り、路傍がお似合の花ですね。 花と葉っぱを一緒に見る事は出来ないのが不思議!   
a0166324_2225419.jpg                                       店主の住まいはお隣で門の傍には「なつめの木」がありました。和名は夏に入って芽が出ることからに由来するとか。夏芽?!ナツメの漢字は「棗」=束ねるを2つ重ねて書くんですね。
a0166324_2232247.jpg店主が採ってくれた艶々の果実は食べてみると梨のような、りんごのような舌触り、少し甘く、でしたよ!確か中国ではなつめの甘露煮がありますよね。045.gifナツメの実はお茶道具の名前にもなっています。成る程ね・・・。  
a0166324_22364079.jpg 沢山落ちたまま、勿体な~い!  
a0166324_22482723.jpg裏庭にはソバ畑が広がり、収穫は終わったのかな・・・。赤とんぼが見張り役ね。ここへわざわざ店主が案内して下さいました。新ソバはちょっと柔らかだったけど美味しかったですよ!! ご親切にありがとうでした001.gif                                                                                                               
 
a0166324_225444.jpg
 今日はクリクリ、栗のスイーツ作ろうと思っていたけど、急にお総菜に早変わり!
今朝の新聞折り込みにJA成田の発行する「みのり」という地域の農業関係の小誌がありました。何気なくぱらぱらと~、中に「栗と鶏肉の煮物」があったんです。TAKARA、変更したわけよ。                                   それから又ネット検索したら、何と!!このレシピはJA新潟やJA佐賀も同じレシピでした005.gifびっくりというよりJAの情報網を垣間見た感じで面白かったです。結局お野菜も沢山加え、薄味の甘めほんのり自分流。だから沢山頂けました。
[PR]
by choropikotantan | 2012-10-10 23:17 | 歳時記 | Comments(6)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan