<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

昨日、何気なく見ていたBSで利根川散策をやっていました。
俄然好奇心ムクムク001.gif、、、行かなくちゃぁ。

今回は黒潮荒波の犬吠埼の方じゃなくて、利根川が流れ流れて辿り着く太平洋との境目が目的です!
行きは126号線で、帰りは小見川のある処へ寄りたかったので356号線と決めて出かけました。  060.gif 好きな曲を聴きながら~~~一人ドライブ004.gif

我が家から車で1時間40分で銚子漁港に到着。126号はいつもトラックが多く、混むのはまぁ、しかたがないこと。時間的にはこんなもんでしょ。a0166324_20105916.jpg                    「あの~、お仕事中すみません、前は利根川ですか?!」                             「違うよぅ、此処は海だよ~」                             「まぁ~、じゃぁ、利根川と海の境目はどこですか~?!」                                 「入り組んでいるからよう~、すぐ前にある、あの高い処から見た方がわかるよ」                           「そうなんですかぁ。ありがとうございます~」                日焼けのおじちゃん、笑いながら答えてくれました!                          早速近くのポートタワーへ直行。
a0166324_2020399.jpg展望台は有料だったけど、4Fまで60㍍高くエレベーターで上ると005.gif 見晴らし抜群!!           
a0166324_20221396.jpg
 なるほど!あのおじちゃんの言うとおり!地べたからでは分かりませんね!                    あの川が利根川~坂東太郎だね!                                                         銚子・この地名は何処から?!検索したら、答えがありました。小さなつぎ口を持つ酒器の一種で、どちらかというと徳利でなく、急須に似ているところから~利根川の出入り口が狭く、中に入るとより広い空間が広がる地形が良く似ている為、この地名がついたそうで、明治22年に町名に使われた由。。      
a0166324_20441187.jpg
複雑ですねェ!!右側の白い灯台辺りが河口らしいけど。左上の方、遠くの白波辺りは対岸の茨城県の神栖市波崎海岸ね。子供達がワンパクで小さい頃、あの海岸で遊んだっけ.....!   
a0166324_20522383.jpgもう一つの目的は「醤」(ひしお)の山十 商店さんへ行くことでした。ここは初めて!6代目の店主は静かに、律儀に対応して下さいました。                           「ひ志お」とは万葉の時代から日本人の食卓になくてはならない調味料だったとのことです。お買い物して次なる目的は034.gif、、、
 a0166324_2119867.jpgちょうどランチ時!此処も今日のお目当てでした!「ビストロ・茶葉蘭」サバランさん。 ひ志おを使ったパスタを頂きたくてね。山十さんからちょいとの処。 

a0166324_2122288.jpgイケメンシェフ!!気取らないフランス料理が人気だとか。店内もさりげないけど愉しいディスプレイ!  
a0166324_21283155.jpg
美味しい!!!お客は4.5人が帰った後で私ひとり。ついつい聞いてしまいました。ちゃ~んと丁寧に教えて下さいましたよ。「新鮮なタコとか、イカとか、ペッパーと少し生クリームとひ志おだけで味つけしてございます」と038.gif すぐ前はヤマサ醤油の本社工場ですが、銚子はヒゲタ醤油も有名ですよね。「ひ志お」は液体でなく天然の固形の醤油。
 a0166324_21395784.jpgそのままご飯の上に、冷や奴に、コンニャクにと、かくし味にもいろいろと何にでも合いそう。又はまりそう!!    


5月31日058.gif今日のCar散歩、口福~~~でしたよ 
次回は帰りに立ち寄った小見川の老舗・呉服屋さんをアップしま~す。こちらも会えて幸福でした!!037.gif
[PR]
by choropikotantan | 2013-05-31 21:56 | 好きなこと | Comments(4)
今度は我が家から東方面へ。匝瑳(そうさ)~八日市場(ようかいちば)~九十九里辺りを一人ドライブしてきました。

「龍」のつく3つの寺巡り、残るは尾っぽのつく寺院です。                「龍尾寺」場所は 匝瑳市大寺、開創は661年であるとする・・・そうな。

a0166324_23351230.jpg   この広域農道は銚子へ行く時のお馴染みの道。なのに知らなんだ! 道の駅ではないけれど何度か買い物をしたりして。此処の信号を左折、坂道を上がっていくと。。。              
a0166324_23412789.jpg、ありましたよ!!意外や近くなんだぁっ~て。「関東三龍之寺」とありました。
a0166324_23452552.jpgワクワクしながら...お邪魔しま~す。
a0166324_082952.jpg朱塗りの山門と大銀杏が良い感じ!入ってすぐに御手洗がありました。
a0166324_23585883.jpg龍の蛇口037.gif成る程ね。
a0166324_01510.jpg
本堂。立派です!灯籠にも龍が巻き付いています。ご本尊は薬壷を持した薬師如来座像とのこと。七堂伽藍の備わった名刹というが1370年頃に堂塔全て焼失、その後建立された堂宇が残ったと。正面ガラス戸には2つの紋がくっきりと。1つは陰桔梗、もう一つは丸に上がり藤。フ~ン何でだろう?!  
a0166324_0175128.jpg
本堂に比べ、薬師堂は荒れ果てて。手前の石碑に何やら梵字?! それにしてもだあれもいない! 
a0166324_0285167.jpg その右側後ろ奥には807年に空海さんが来山した際の「弘法大師お手堀りの井戸」というのがありました。どのような日照りにも水の涸れることなく御手洗に注がれているとか。
a0166324_1502539.jpg周りにはへびいちごの赤い実が点々と。。。。。                                                                                                                                                                                龍神伝説、開基にもいろいろの諸説もあって、何がどうして何とやら039.gif      偶然ネット検索した時、「下総(しもうさ)地域における龍神信仰」井上孝夫氏の文献に心惹かれました。
a0166324_1104396.jpg
実は3つの寺院巡りだけでは終わらなかったのです。見づらくてごめんなさい、でも略図をご覧くださいな。           頭の「龍角寺」、お腹の「龍腹寺」、尾っぽの「龍尾寺」、そして龍が空に向かって昇った時、龍の尾の垂れ下がった処が伝承にあるという。現在の横芝光町尾垂(おだれ)という地名がそれであると。。
a0166324_1265174.jpgここですごすご帰れましょうや?!いいえ、帰れません!046.gifまたしてもコンビニで聞きながら九十九里浜の堀川浜辺りまで走り回りました。この辺は民宿がいっぱい!夏到来が待ち遠しい事でしょうね。  

a0166324_1304254.jpgあった!!!改めて文書を読んでみると、、、3つの寺院は龍伝説以前にはもう存在していたとあります。色鉛筆で3つの寺院と尾垂を結んで周りを肉付けしてみると、何となく龍に見えて、、、ふ・し・ぎ。 その上、利根川を挟んで茨城の竜ヶ崎市は2つの寺の先にありました005.gifびっくりです。これって偶然?!それとも、、、必然?!

わかった事、それは昔から日本人の心には水の神さま=イコール=蛇や竜神信仰があって、池や沼や淵の畔で雨乞いをしたんですね! 
今じゃ、地名や神社の名前にしか当時の面影を偲ぶことは出来ませんけど。 

千葉県の顔にはまだまだ謎めいた場所が沢山ありますよね。
ぶらりぶらりと時には駆け足で一人ドライブ満喫しましょう程に003.gif

 
[PR]
by choropikotantan | 2013-05-26 23:02 | 好きなこと | Comments(4)
前々から気になっていた「龍」のお話。。。
急に思い出して、、、即行動に。

幼い頃から父の布団の中でいつも昔話を聴いてからでないと眠らない子供だったらしく、よ~く憶えて居るのは、毎晩先に一人でお布団に入ってもモゾモゾ、、、。少し時間が過ぎると、やおら自分の枕を抱えて「お父ちゃん、あのね、むかちむかち、ちて~」すると父はそおっと掛け布団を持ち上げ、私を招き入れてくれました014.gif 毎晩でしたよ。同じお話でも飽きるなんてことはなく、父は本当に上手な語り部でした。
その名残りでしょうか。今でも伝説やら、昔話が大好きです。それが真実かとか信憑性とかは別にしてね。

今回は「龍伝説」を巡って一人ドライブを愉しみました004.gif                                                                                                      「むか~し昔のその昔、、、下総(しもうさ)の国の印旛沼の辺りは旱魃が続き、人民は非常に苦しんでいましたと。
それを時の聖武天皇の命により、龍角寺の釈命上人が雨乞いの祈祷を行うと、印旛沼の主の小竜が、大竜(大王)に殺される事を承知でその願いを聞き入れ、七日七晩、雨を降らせてくれたそうな・・・。竜は大王の怒りにふれ、身体を裂かれてしまったと。そして竜の身体は頭、腹、尾の3つに分かれ地上に落ちてきたと。上人は竜との約束通り、頭を龍閣寺に葬り、寺の名を龍角寺と改めたそうな。腹部は現在の本埜村の龍腹寺に、尾は遠くの八日市場の龍尾寺に落ち、それぞれに手厚く葬られたそうな」                                                                           
a0166324_0285153.jpg
先ずは印旛郡栄町の龍角寺から~です。成田市の隣・栄町の此の寺へは我が家から車で30分弱。 関東地方でも最も古い寺院の一つ名刹ですね!!。奈良時代前期の瓦も出土。。本尊の薬師如来座像は国指定重要文化財に指定され、現在他の美術館へ出張中とのこと。残念。   
だあれもいません!刻が止まったかのよう・・・。a0166324_02207.jpg入り口の大銀杏がお出迎え。風が薫っています!何とも味のある書体、隷書っぽいけど?!
a0166324_0304294.jpg
現存する校倉造りとか、風雪幾年月! 物言わぬ樹木は何百年?! きらびやかさは皆無。その分、静かな時の流れ・・・。                                       
次は此処。龍腹寺への道は更に西へ。印旛郡本埜村。あっちこっちのコンビニで聞きながら、やっと辿り着きました、あ~シンド045.gif 
a0166324_161777.jpg
堂々とした
山門。
a0166324_1121323.jpg此処もだあれもいない。あら、ラッキーにも造園屋さんらしき2人が作業中。聞けば無人の寺とのこと。時代が無情を物語ります。
a0166324_1283268.jpg本堂向かって右に鐘楼、近くにひっそりと佇まいの神社もあり、風情がありました。
a0166324_1402681.jpg木漏れ日が優しく辺りを包んでいるような。                                                                                 さて残るは尾の方ね。方角が全く違うので次回にアップしたいと思います。          
 a0166324_153452.jpg昨日、お友達のUちゃんから庭で採れたとイチゴやらさやいんげんやら新玉ねぎなどを沢山頂きました001.gif イチゴは1キロ以上。甘酸っぱくて美味しい!早速ジャム作り。      
a0166324_1535879.jpgアクも捨てずに再利用~~!これが美味しいフレッシュジュースとムースに変身。
 a0166324_159783.jpg レモンの酸味が効き過ぎたかしら?! 私は好きな味だけど・・・。いつものメンバーへお裾分けしました037.gif

  
[PR]
by choropikotantan | 2013-05-23 22:52 | 好きなこと | Comments(4)
大空を泳ぎ回っていた鯉のぼり達も静かに舞い収められ、次の記念日は母の日ですね001.gif                                                   何処の店もカーネーションの鉢物がいっぱい! 
今日は057.gifしとしと小雨の日。                       
a0166324_14542265.jpg
階段脇の庭には、こうして毎年咲いてくれるこのバラ! み~んなうなだれておりました      
a0166324_1551769.jpg 060.gifウナ・セラ・ディ東京                                        哀しいこともないのに 何故か涙がにじむ~~
           懐かしい歌が思わず出ちゃったわ!                                                              
さてさて、じゃじゃじゃ~ん!
a0166324_1528407.jpg
3月の肺炎の養生の時には夢中でこんなに作ってしまいました037.gif あの、ソックモンキーです! 
a0166324_15352189.jpgミシンでなく手縫いだから、私でも大丈夫って、親友のKちゃんが教えてくれたんです!彼女は古布と針と糸があれば一日中チクチクの裁縫の匠だからね。一足で一体出来上がります。靴下はUSA。ネットで購入。                   
a0166324_15452829.jpgこの4人は今ではケアンズのお家にいます041.gif3才の孫の誕生日に送ったら、ダンボールを開けてびっくり大笑いの様子が早速YouTubeに。2人の孫はきゃっきゃ着せ替え人形さながらに遊んでいます。 

a0166324_1558224.jpg三羽がらす。左は帽子も残り糸で編み、気分はハワイアン024.gif 中央はワイルドだぜぇ~~004.gif 右は本の虫かな?!027.gif  
a0166324_1631446.jpgフランジバル(プルメリア)花とウクレレで060.gif「Kaimana Hila」このウクレレはね、100円ショップですよ!よく出来ているでしょ?!ホンモノそっくりざんす!                            本物の弦に触ってみたい~と思っていたらチャンスが。                            一昨日、ウクレレ教室、体験してきましたよ。お若く、朗らかな先生はとっても教え方が上手038.gif1時間半大満足!                        弦は三味線3本だけど、ウクレレ4本。                     何となく出来そうな予感!?甘い甘い。それでね、6月の2回目の申し込みをして来ちゃいました。楽譜も面白い!!                                               気分はうなだれて・・・や~めた!!003.gif  
[PR]
by choropikotantan | 2013-05-11 17:32 | 好きなこと | Comments(8)
昨日はいつものYさんメンバーと南房エリアへドライブでした001.gif                                            朝方8時出発には小057.gifだったけれど、058.gifやっぱりみんな晴れ仲間!いつも運転はベテランのTさん、紅一点じゃなくって、白一点! 近くの圏央道・松尾横芝ICに乗り~東金IC/JCT~市原から館山道へ~新緑のグラデーションに山藤の紫と山法師の白かな?!車中から見てもきれい!!                                              一般道になるとヤシの木がお出迎え059.gif、いつ来てもロケーションが急に南国ムードになりますね!途中、道の駅を巡りながら目的地まで3時間足らずでした!!場所はね、南房総市館山、普通の田舎道を曲がりくねって...ここ?!                                                                     今回はTさんのPick Up情報でランチが目的。自然食を提供されている御食事処。                                             名前は「百姓屋敷じろえむ」さん。                                                              明治時代の茅葺きの立派な門が堂々とありました!!お昼まで時間が少々あったので、ならばと場所を確認して後、館山城へ向かいましたが。。。
a0166324_17351470.jpg
残念ながら予約の昼食時間が迫っていたので坂の途中でUターン008.gif                  
 
a0166324_18384756.jpg
          古民家の母屋は築300年、畑も田んぼも野菜もみ~んな自家製で、自給自足率99%だそうな005.gif

a0166324_1893828.jpg おひつに入ったご飯も味噌も自家製。ちょっと気温が下がっていたので熱々の筍のおみおつけを先ずお腹に! 厚焼き卵は平飼い鶏の有精卵で焼きたての半熟ふわふわ! こんにゃくももろみ味噌もお漬け物もみ~んな素朴!手前の小鉢、おからに見える?!これはね、白牛酪、風味もお味も正にチーズ。珍しい!! 
 a0166324_18233833.jpg このソーセージも自家製。昔の和食ってこんなんだったんでしょうね!!お代は2000円也。よく咬んで美味しく、お腹いっぱい頂いて「ご馳走様~」。。。採り立て野菜と丹精込めたお米などなど!和食の原点を頂いたような003.gif にこやかな店主は14代目とか仰有っていましたが、違っていたら後でお詫びと訂正しなきゃ~。                                                                                      
a0166324_1842464.jpgさて、内房、外房の海沿いを楽しみながら、マップの道の駅を覗きながら、今回は君津市内の「久留里城址」へ直行しました。別名「雨城」(うじょう)ですって! 今から470年位前に築城後、3日に一度21回雨が降ったという伝説から「雨城」と呼ばれたそうな。天守閣までこの坂を上がって行くけれど、こうして杖が用意されて・・・。あ~有り難いこっちゃ。        

a0166324_22291730.jpgハアハア、やっと二の丸の資料館まで来ましたよ! 久留里城址の高さは海抜144.3㍍(本丸址)二の丸址は127.9㍍だそうな。日頃の運動不足で、カラダがもうダメダメって言っているよ021.gif
私は此処でリタイア、4人は本丸まで頑張って行きました! 此処はあの新井白石と深い縁があるんですね。立派な銅像がありました。
a0166324_22501026.jpgTさんに撮って頂いた天守閣からの眼下。お殿様の気分は如何?!037.gif                                                              春の日永に合わせ、ゆっくりのんびりドライブ満喫しました。
毎度毎度Tさんご夫婦と仲間に感謝!                             Tさん、長い時間、一人で運転の引率、ホントお疲れ様でした。有り難うございました038.gif

次回を愉しみに・・・043.gif 
[PR]
by choropikotantan | 2013-05-03 20:22 | 歳時記 | Comments(4)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan