a0166324_20022168.jpg

近くの浅間神社の祭礼は昨日と今日の2日間。 お天気、雨でなくて良かった!
a0166324_20040825.jpg
昨日の夕方のお詣り。少しずつ人が集まってきました。左の席ではちょうど169.png天神囃子が始まりました。いよいよ夏本番ですね!
a0166324_20090078.jpg
我が家からは歩いて6,7分だけど、道すがら2ヶ所でくちなしの花と会いました・・・。途中、生け垣の梔子の花は半分錆びているけれど、甘い香りはそのまんま残って・・・つい目を閉じてウットリ120.png
a0166324_21115671.jpg
しゃがんでハンカチに移り香を。
a0166324_21045477.jpg
こちらは梔子の実130.png
a0166324_21191768.jpg
 将棋盤の裏の脚です。くちなしの実に形が似ていますねぇ109.pngくちなしの実は六角形だけど、盤の脚は八角形。日本の風習では八とは、めでたいという事からきているそうな。そして、対局中の口出しは無用⇒無し⇒くちなし?!。  只今の将棋界の人気、凄いですね!! 中学生の藤井聰太棋士、若干14歳150.png 、加藤一二三棋士のキャラクターもTVで拝見。明るい話題で日本中がフィーバー、空前のブーム到来かもね101.png 
[PR]
# by choropikotantan | 2017-07-02 22:07 | 歳時記 | Comments(1)

a0166324_17223521.jpg

私の誕生日の夜、弥しろさんの店、親しい仲間と家族達に囲まれ、本当に嬉しく、有り難く、幸せいっぱい、胸いっぱい、お腹いっぱい113.pngでした!!
a0166324_17282469.jpg
常連客のOさんは釣り名人、いさきの刺身とキモ煮浸し、鯛の塩焼き、大振りのエビフライ、ゴーヤチャンプル、ポテトフライ等々が並び、初参加の孫・かれんもゴーヤ初、美味しいと109.png店の前のゴーヤは初採りかしら、大好評!
a0166324_17354877.jpg
かれんのママ、K子ちゃんも初参加、169.pngカラオケ・ルンルン!かれんも祭り用の扇子で踊りまくり129.png、私よりちょっぴり年上のTさんの169.png津軽平野と望郷酒場なんかは誰にも真似の出来ないT節!!!卓さんも渋い喉を聴かせ、Kさんも167.png盛り上げてくれて。久々に長男、次男のハモる歌も聴き、あ~ここにケアンズの家族がいたら、、、極楽浄土に行っちゃっていたかも103.pnga0166324_17463882.jpg

常連のYちゃんは都合がつかず~~で、可愛いガーベラのブケーが届いていました。黄色は優しさ、赤は情熱、花言葉よね。Yちゃん、ありがとう!!
a0166324_17505892.jpg
このガラス器はケアンズで見つけたお気に入り。赤のガーベラ花言葉には愛、そしてロマンスもあるんだよ!110.png                                                                                                                                           ところでこの字 「靉く」~~ご存じですか?!先ほど、謡曲:翁の中の一節にありました。こんな漢字、初めて知りましたよ!雲に添えて「たなびく」だってさ。音読みではアイとか。 サカナ編にもあったよ。「鱫」ムツ。愛という字のちょっといいお話でした115.png 生かされている今に感謝、合掌しつつ。。。。。
[PR]
# by choropikotantan | 2017-07-01 18:11 | 歳時記 | Comments(0)
a0166324_14590130.jpg

今朝は176.png、梅雨明けはまだですね!
今日という日は169.png私の誕生日でございます・・・110.png76年前の早朝6時50分にこの世に生まれました。
波乱満ち満ち、照る日曇る日、喜怒哀楽の峠を何度も越えながら、振り返れば今が一番「わたし」らしいかも。

前回の続き~~東松山市内、またもや国道254号と407号をうろちょろ走行、でもローソンの店員さんが的確に教えて下さり、その後は一直線に目的地に到着。                                                                                           
a0166324_14520122.jpg

紫陽花ってホント、雨が似合う花!~~七変化の重い球より額の花が好み、坂道を上がる途中のこの花にはこの葉っぱ「シダ」がよく似合います。どちらかというと主役の花より脇役の草花が好きだから、、、。                                                   成田の俳人・三橋鷹女 「生と死といづれか一つ額の花」
a0166324_15332334.jpg

仁王門、風格ありますね!
a0166324_15374216.jpg
もたもや石段・・・フウフウ135.png
第十一番:岩殿山安楽寺(吉見観音)真言宗智山派本尊:聖観世音菩薩                                                   開基:坂上田村麻呂                                     創立:807年                                                      寺伝によると、草創は今から1200年前、行基菩薩が御作の観音像を岩窟に安置したのがはじめとか。                                                                源範頼ゆかりの寺
a0166324_15451632.jpg
優雅な曲線の三重塔、江戸時代に再建されたという。
a0166324_15475637.jpg
何ともこの古さ・・・!!
a0166324_15534684.jpg
門前って云っても2軒のみ、このお団子屋&土産物屋「どびんや」さん、夕方5時前には店じまい。「厄除だんご」食べずじまい121.pngめでたく埼玉4ヶ所は完了し、残りは神奈川県4ヶ所、群馬県2ヶ所。今年中に結願したいものです。                                                           いよいよ帰りの道、夕方6時ちょっと。あの退屈な16号線はや~めた、とばかり、おバカな私は富士見市方面へ走ってしまい、GSで聞くと「成田なら首都高の方が良いですよ」と。何しろ、頭の中にはマップがない私、、、しかたなく、「浦和南インター」から乗りました・・・150.png路線は大渋滞、湾岸方面へ。地下の中をどれだれ廻ったことか、私の目もくるくる、緊張しっぱなし!!114.pngそれでも東関東ロードは余裕でひた走り。3時間弱で成田インター着。無事ご帰還致しました~~観音様のお蔭かな。                                                                                            さて今宵は次男家族も一緒、ヤシロさんで仲間達とハッピーバースディよ181.png167.png101.png。。。有り難いし、ホント、幸せいっぱい!!!。
[PR]
# by choropikotantan | 2017-06-28 15:00 | 札所巡り | Comments(2)
a0166324_16410375.jpg

6月24日(土)大安、そして174.png梅雨の晴れ間とくれば・・・御朱印巡りのCar散歩、埼玉県内2ヶ所を訪ねました。
今回の行きは一般道で朝6時半我が家を出発。必需品は飲料水と180.png、数枚のCD169.png、埼玉県内の地図と。                                               利根川沿い・利根水郷ライン~~柏市の呼塚からは16号線で埼玉県に入り、春日部、さいたま、川越方面へ。
次は254号線で川島、東松山方面へ。ここまではルンルン気分・余裕のペース169.png・・・それにしても16号って渋滞続き!122.png
さて、この辺りから407号へ換えて、ひたすら「大東文化大・東松山キャンパス」を目指し~目的地はこの近く。             地図を片手にチェックしながらのお気楽旅に慣れている私。でも今回はコンビニ、GSなどで尋ねても人によって違ったり。。。
5時間かかり、漸く、やっと、「第十番札所・正法寺」到着しました。。。ふぅ~105.png

a0166324_16364801.jpg
へぇ~、トンネルくぐるとは!
a0166324_16482793.jpg
誰もいない静寂の坂道を下れば、そこには大イチョウと観音堂。
a0166324_17163560.jpg
この観音堂への近道がトンネル入り口だったんです!物見山135メートルの中腹に位置しているこの山寺、歴史の重さを感じます!!
a0166324_16491666.jpg
第十番巌殿山正法寺(岩殿観音)真言宗智山派                                             本尊:千手観世音菩薩                                                開基:逸海(いっかい)上人                                    創立:718年                                                          役の行者によって開かれた修験の霊場でもあったという。
a0166324_16490005.jpg
日本百観音と四国八十八ヶ所の写し本尊石仏が並び、まっこと壮観!!!
a0166324_16484453.jpg
表参道前まで石段を下り(この石段がキツい143.png)仁王門。いかにも山寺、風格がありまする。左右には運慶作といわれる仁王像が。。。
a0166324_18055932.jpg
御朱印も戴き、また見上げながらこの急勾配の石段を上がり(運動不足でへなへな153.png心臓ばくばく!)休み休みでトンネルくぐり、駐車場まで戻り、車内で暫し休息。こんな時は昔からチョコとレーズンです。さて、お次も名刹:安楽寺(吉見観音)。時計はもう4時近く、さぁて、迷わず行けますでしょうか?!117.png
[PR]
# by choropikotantan | 2017-06-26 16:37 | 札所巡り | Comments(0)
潮来という土地には思い出がいっぱい!
それでも今回はある目的があり、漸く「そうだったの~」となりました130.png
a0166324_13495153.jpg


169.png端唄:潮来出島 
                           潮来出島の真菰の中に         あやめ咲くとはしおらしや                                                                                           花はいろいろ五色に咲けど                          主に見かえる花はない                                       長唄「藤娘」舞踊曲にもこの唄の件が入っていますね。         
a0166324_13503002.jpg
先ず向かったのは潮来市役所。とても対応が良かったです。                                               「私の母の旧姓は窪谷(くぼのや)と申しまして、伯母家族は潮来三丁目に住んでたんですよ」                                                              「そうですか、私の家は四丁目ですよ。窪谷さんは名家ですよ」と。                                                                                      「それでしたら参考までに潮来の図書館で大久保先生の本をご覧になると良いかも・・・」と。            早速、牛堀の図書館へ。此処はかって数回利用していた処。
a0166324_14174825.jpg
 フムフム、、、へえ~、、、。潮来は水戸藩の南領であったという。江戸時代の潮来村は一丁目から八丁目に区画され、水戸藩主・徳川頼房以来、宮本姓(私とは無関係よ)、窪谷姓(ここにありました!・・・後で兄に確かめると、母の出は分家だったそうな)、関戸姓、石田姓の8軒が代々潮来村の年寄に命じられていたという。俗に「八人頭」と呼ばれていたそうです。とにかく佐原の水運が栄える以前は此処、潮来が江戸への物資輸送の集散地、中継地として大いに栄え、その上、香取、鹿島、息栖神社への参詣をする行楽客の足だまり、そして遊興の巷として全国的に知れ渡ったようです。
a0166324_14462982.jpg
 「俚謡(りよう)」という言葉、里唄と同じかもね?!民謡よりももっと素朴で鄙びた、古くからその土地で歌い伝えられたものを云い、潮来節は船の乗客を相手に唄われ、囃子言葉がついたりして、1762年~72年にこの歌が江戸に入り、やがて全国に伝播!  京都の祇園はじめ上方で流行り、やがて越中越後など、全国津々浦々に伝えられたと。あの「よしこの節」(阿波踊りと同系)、佐渡おけさ、諸国の盆踊り、都々逸などなどへ派生したと。だから潮来節ってすごい文化遺産なんだよね!!!今では影も薄い存在、、、七七七五調・・・成る程ね!! 
a0166324_14452965.jpg
昔はこんな眺めだったりして・・・。さすれば「潮来出島の真菰の中にあやめ咲くとはしほらしや」も頷ける・・・。観光地の賑やかさ、派手さとは所詮違うよね!!112.pnga0166324_14574334.jpg

思案橋~~情緒ある名前だけど今はこんな感じ・・・。♪♪潮来出島の十二の橋を行きつ戻りつ思案橋                              そういえば短大のたった2年間のアパート暮らし、決め手はすぐ近くにあった橋の名が好きで、高田馬場からの都電の下車名も「面影橋」109.png 一ヶ月の家賃が4000円。昭和37年にはもう佐原に逆戻り。   余談でした・・・。
民謡とは本来、人に聞かせるものでなく人々が共同の労働や生産に従事する時に唄われたもの。これが遊郭に入り、酒席のお座敷唄として娯楽化し、踊り唄となったのではなかろうか~~この先生はこう結んでいます。
a0166324_15532441.jpg
睡蓮もちらほらと。
a0166324_13493245.jpg
なんか遠慮がち・・・菖蒲か睡蓮か、どちらが好きって聞かれたら、私はハスや睡蓮が好みなんだけど102.png
[PR]
# by choropikotantan | 2017-06-18 16:01 | Comments(0)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan