御衣黄(ぎょいこう)や房のまま落ち地に還る

4月の半ば、主役のソメイヨシノの後は艶やかなピンクの八重桜が、そして私の大好きな「御衣黄桜」(ぎょいこうざくら)を愛でてまいりました。。先日成田中央公民館へ、169.png会いたくて
a0166324_12281780.jpg
もう盛りを過ぎてしまいましたが、かすかな香気も
a0166324_12280207.jpg
この画像は昨年撮った同じ樹。後ろは八重桜。手前のこの御衣黄桜、、、淡い緑から薄紅色へ、やがて薄ピンクから紅色へ移り変わり、房ごと落ちるのです。。。a0166324_11260351.jpg

Wikiからの情報では・・・「御衣黄」とは江戸時代、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまり、その由来は貴族の装束“萌黄色”に近いため、それにたとえたものとか112.png 日本生まれ、英名はないみたい。この緑は葉緑体によるんだそうな。ステキな名前ですよね!!!今年は咲き始めを逃してしまい、ザンネンでした135.png 何個か拾い、早速車にあったマップに挟み、押し花に。
4月も何かとカレンダーはハート印やら二重丸やらバッテンやら、スケジュールが書き込まれています。先日は富里市内の施設:Y館さんへボランティア訪問でした。
a0166324_11152938.jpg
先生&4名で約1時間。童謡、唱歌、懐かしい歌謡曲、端唄、俗曲など14曲、うち踊り付きは4曲。端唄「夕暮れ」立方はMちゃん。
a0166324_11154763.jpg
おかめはだぁれ?!ウフフ、わたしでございます109.png                                                          俗曲「奴さん」二番♪♪ 姐さん ほんかいなぁ~コリャコリャ きぬぎぬの ことばも交わさず あすの夜は~~~。                         
a0166324_11253270.jpg
終わってから皆様と記念写真、入居者さんはそれぞれ五挺を手にして「まぁ、重いんですねぇ!!」と。勿論後ろで私達は棹を持ち、膝と両手に負担のかからぬようにしてね。とても喜んでくださいました! ここは4回目、さて次回は盆踊りの頃かな?! 秋になるかな?! 「またきっと来てね~、ありがとう」と、嬉しい限り。a0166324_11150425.jpg

青トマト、約1キロ。生産者さんはトマト栽培Hさんで私のお気に入り、予約先は道の駅。
a0166324_12290500.jpg
青トマトジャムの出来上がり。レモン汁入れて。自分で作るのは砂糖を調節出来るもんね。ケーキなどは白砂糖やグラニュー糖だけれど、総菜はほとんどきび砂糖を使います。青トマトの香りとほんのりの甘さと爽やかさとでピッタンコ!!またもや自画自賛102.png
[PR]
by choropikotantan | 2018-04-17 16:24 | 歳時記 | Comments(0)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan