カテゴリ:好きなこと( 120 )

お久しぶりの今晩は。                                  20日余りPCも開けず、ブログも開けず、、、ちょっと空・くうになっておりました                                             046.gif何でかなぁ?                                     そんな中、10月10日の昼下がり、私はわたしに戻りました!!         

a0166324_16384498.jpg
パンフ。今回で3度目。
場所は多古町・日本寺(にちほんじ)。

a0166324_16434223.jpg700年の歴史を持つ古刹、正東山日本寺の山門。あじさい寺としても有名ですよね!        
      a0166324_1647543.jpg駐車場へ早めに駐め、お茶とおむすびでお腹を満たし、やおら杉木立の中に佇む本堂へ。2時間前なのに結構なお客様!チケットは1500円のところ、JF会員は20%OFF。それにしても有り難い事!

a0166324_1723629.jpg
昼の部。開演前15分間はご住職様のお話~ユーモア交えて良かったです!037.gif!       
                                             「平家物語」語り~金子あいさん=俳優・アーチスト                              波紋音(はもん)~永井砂知子さん=打楽器奏者                                今回の披露は「祇園精舎」・「入道死去」・「敦盛最期」・「壇浦合戦~先帝身投」。    
a0166324_1714212.jpg
この波紋音(はもん)の素材は鉄。金子さんは97年に斉藤鉄平氏が考案、制作した鉄のスリットドラムと出会い、独自の世界を追求、大小のドラムから喜怒哀楽、愛しさも伝わって。。。現在は国内外で活躍されておいでとか。                     
a0166324_1723968.jpg終了してから触らせて頂きました。この音の心地よい広がり・・・!!音符もなく、金子さんとあ・うんの呼吸で奏でるこの調べ・・・。体の中にふう~と入り通り抜けて行く、この余韻。。。005.gifびっくりぽんは針がねにあのスーパーボールをつけて強弱に叩いたり、こすったり。特別な道具でないのが大いなる発見! 後ろの大きなシンバルは清盛入道が無間地獄をのたうちまわる時の効果音で使われて!!壇浦から~入水のシーンの波の沫の音。043.gifドボンじゃぁない、さざ波でもなし、ナント表現したらよいのやら。               

a0166324_17391736.jpg
金子あいさん。4年前にも気さくにツーショットを撮らせて頂きましたが、今回も笑顔で応じて下さいました001.gif                                                                                                    巻第九・敦盛最期の段~~百戦錬磨の武将・熊谷直実と紅顔の美しい公達・平敦盛の場面・・・金子あいさんの迫真の演技で涙ウルウル。笛の名は「小枝」。060.gif青葉の笛ですね。                                     巻第十一・平家滅亡の船上での二位殿が8才の主上・安徳天皇を抱き、海中に身を投げる場面。                         流石ですね、瞬時に登場人物になり切る・・・能は喜多流、新内浄瑠璃も人間国宝・鶴賀若狹掾に師事。様々な舞台で活躍のあいさんは美人でとってもチャーミング!!!
 
a0166324_1912131.jpg
                                                この余韻は日本人の命でしょうか039.gif波紋は重なり共鳴し合い、広がり消えて行きます。それにしてもいつの世も栄枯盛衰、儚いものです。。。                                                    金子あいさんの朗々とした口跡の語りと永井砂知子さんの波紋音、見事な平家物語の世界!!!たっぷりと2時間、至福のひとときでした038.gif

日蓮上人さん、ご縁に「ありがとうございました」。
[PR]
by choropikotantan | 2016-10-15 19:31 | 好きなこと | Comments(2)
昨夜のテレビ、偶然、BS「新日本風土記」を見ました。
懐かしかったなぁ・・・。
a0166324_220837.jpg
おわら風の盆                              2泊3日のひとり旅~思い出しても胸キュンキュン043.gif 
今から13年前のこと。目的は八尾町の踊りとお囃子の流しを直に見たくって、聴きたくって。          思い立ったら吉日って訳で即実行・・・当然ご当地泊は不可能。そこで北陸・富山駅前に素泊まり。
 

a0166324_23294359.jpg
富山駅から鈍行・ローカルで八尾駅下車。町の喫茶店で063.gifしながら地元の方の会話を愉しんだり、和紙工房を見学したり、曳山保存を覗いたり、踊りの所作をちょっぴり教えてもらったり。夜までたっぷり遊んだっけ003.gif 「若林美智子」さんの060.gifCDは今でも時々聴いています。

a0166324_23425984.jpg
検索したら歌詞は昔からの古謡を入れて山ほどありました005.gif三味線弾きの伝説の古老が言われていた「ゆるやかな三味線の旋律と心臓の音の波動が近いから地唄は疲れないんです!」と。上句と下句を一息で唄いきる・・・この独特の唄い方は浄瑠璃の流れとか。そこへ胡弓が加わり、山に囲まれた土地に独特のあの節回しが生まれたのでしょうね。三味線は中棹と知ったのは後から!                   
a0166324_23473442.jpg
前夜祭の夕闇融け込む頃、路上の縁台でおじさん達が三味線やら胡弓やらの稽古をしていたり、あっちでは将棋をしていたり時間はゆったり。町内によって踊り手の浴衣も違うし、所作も違うけれど、こちらは「鏡町」。どちらかというと色っぽい! この町内は花街の名残が感じられ・・・BS見ててあぁぁ、また行きたいな。あの観客席の石段・あたや階段にぺたりと座ったっけ。                           
a0166324_003879.jpg060.gif 俗曲に「からかさ」という唄があるけれど、ナントおわらの歌詞にも載っていました!!005.gif    越中おわら節には                                                 「唐傘の 骨はちらばら 紙はがれても 離れまいとの オワラ 千鳥がけ」             江戸・文政の頃流行った曲だから、きっと艶っぽいので取り入れたんでしょうか?!
「からかさの骨はばらばら~紙ゃ破れても 離れ離れまいぞぇ 千鳥がけ」
千鳥がけ・・・お若い方には039.gifかしら。和傘の骨を合わせてかがる糸のかけ方。
あぁ、ご存じでしたか! まぁ失礼いたしました037.gif

久々に爪弾きで二上がり「からかさ」を弾きながら唄ったけれど、難しい!! 
譜面見ながらじゃぁダメダメ、分かっておりまする~ため息、吐息してても腕はあがりゃせぬ046.gif
[PR]
by choropikotantan | 2016-09-03 08:22 | 好きなこと | Comments(0)
今日から漸く9月、、、8月31日の昨日は野菜の日でした!
や(8)・さ(3)・い(1)~~何だか苦しいゴロ合わせと思うけれどさ037.gif
しょっちゅう行く近くのスーパーの入り口・棚には手軽で簡単に出来そうなレシピが順次登場、フリーなのでついつい手が出てしまいます。                         
a0166324_2344569.jpg
今回は野菜の日に合わせ、「炊飯器でケークサレ」にトライ。キッシュは作っていたけれど、 こんなに簡単でいいの~~ホント、炊飯器一つで済ませちゃうからラクチン!
冷蔵庫から中途半端なお野菜いろいろカット、卵、牛乳、オリーブオイル、少しチーズ、ベーコンも少し、味付けは塩コショウだけ。レシピにはホットケーキミックスとあるのでその通りにしました。 
                     
a0166324_001082.jpg
2度目のピーピー炊けたよの合図で竹串を刺して確認後、お皿にホイ。                          
a0166324_034923.jpg
北海道のサトちゃんが送ってくれたトウモロコシが効いている~~立派なランチに早変わり!! 塩のケーキ!もっちり、しっとり、美味しい!!038.gif                      
 
a0166324_0215679.jpg
続いて差し上げたい方の好きな「桃」でジャムを作りました。                  
a0166324_0225764.jpg
白桃の皮はつるんと!                                      
a0166324_0244289.jpg
皮はイチジクと同じく袋に入れてグツグツ。アクを丁寧にすくって。。。               
a0166324_0283699.jpg
レモン果汁を足し、とろりの前で火を止め、出来上がり。                      
a0166324_0304585.jpg
ストレートな桃だけのジャムとスパイス(ナツメグ、シナモン、ほんの少しのクローブ)を入れた私好みのジャムと2種類が完成!!045.gif 夜、いそいそと卓さんの店に行っちゃいました。だって差し上げたい方は卓さんだもの006.gif                                                      

さて、9月という月はダラダラ過ぎてしまいがち。
以前にも実践したけれど、徹底的に断捨離しましょっと047.gif 
身辺整理やらオツムやら体の中やら・・・動ける時に、シンプルに~~~これが難しい021.gifでも弱音は禁物、誰もやってくれないもんね。 
[PR]
by choropikotantan | 2016-09-02 00:50 | 好きなこと | Comments(0)
関東地方は漸く梅雨明けというけれど、何だかハッキリしない空模様。
ところでケアンズつれづれ~もあと少し。
  
a0166324_12403597.jpg
ケアンズ街中の図書館裏の此の木、フィグツリー?、マンゴー?、ガジュマル? 野生の巨大な樹木。存在感大アリ。
a0166324_12484041.jpg
居ました、居ました!コウモリが。。。。。メガネオオコウモリ004.gif 夕方になると一斉にエサ探しで飛び立って行く姿、風物詩ですねぇ。                       
a0166324_12563073.jpg
我が家で1羽外を見ているヌイグルミ。けたたましい鳴き声がまるで人間が笑っているような、クッカバラ~笑いカワセミ041.gif お腹を押すと「カカカ、ハハハハハハハハハ」こっちまでついつい笑ってしまう私のお気に入り。以前のヌイグルミはかれんのお家へ行っちゃったからね。    
a0166324_1364482.jpg
前回の撮った画像を探しても見つからず、従いましてWikipediaから拝借。日本のカワセミの方が美しい色合い。姿もバランス的に頭でっかち、でも何故か愛嬌があって私は好き!!           
a0166324_13192026.jpg植物園の裏通り、長い一本道・・・電柱はユーカリの木、至る処で見かける。フトモモ科・ユーカリの樹木は800種類もあると聞いた。アロマの中でもお馴染みね。                  
a0166324_1325676.jpgスーパーの棚にありました「アンザック・クッキー」歴史を紐解けば~~この国ではアンザックの日という記念日(4月25日)・・・とても大事な日なんだとか!               Australia and New Zealand Army Corpsの略。第一次世界大戦に編成された軍隊。兵達の家族が少しでも戦地で栄養のある物をと(卵を入れない保存食)戦地へ送ったという。
a0166324_1344784.jpg 一袋買いました。以前自分で見よう見まねで作ったのは大失敗008.gif市販の味はどんな食感、どんな味?!

a0166324_13494583.jpg
感想・・・う~ん、息子曰く「何か湿けてな~い?!、飴っぽいね」なるほど、そんな感じ039.gif   サクサク感がないね。。。いずれ、もう一度トライしてみましょっと。  
a0166324_13554234.jpgこのプランツ、初めて見ました!!! この建物に住んでいる方から留守にするのでお願いと、バジルの一鉢と珍しいこのプランツ。3週間ほど預かった貴重品。管理は簡単だと云い、管理は私。                                         正式名:Tarnel==Kaffir rye ~~カフィル ライム(タイ語でバイマックルー)和名:こぶみかん
トムヤンクンに不可欠な香りの良いタイのライムとか。枯らしたら大変!!          
a0166324_1455053.jpg
帰国の前にはこんな可愛い新芽が出てくれました、ホッ。。。後日、息子からは「無事に持ち主に返した」と。良かった、良かった006.gif 
[PR]
by choropikotantan | 2016-07-28 14:11 | 好きなこと | Comments(0)
6月~7月にかけてのケアンズは日本では暑さ対策まっしぐらなのに、こちらは秋~初冬あたりかな。
シドニーはジャケット、コートなどが必要で、比べ、ケアンズはランニングで闊歩している人いっぱい。全く住みやすい処です。ただこの時期は百花繚乱の花々はお休みで、ちょっと寂しい感じ。045.gif
a0166324_21371620.jpg
家から歩いて5、6分「Centenary Lakes]センテナリーレイクス・・・広大な植物園は入場料もなしで何処からでも入れるし、枯山水の風景でなく、あくまでもレインフォレスト!!ユーカリの葉もこんなに・・・。カルガモちゃん、暫し思案中?!                              
a0166324_2218585.jpgダイサギ?! 午後のひととき、たっぷり!                        
a0166324_2222777.jpg裏通りの真っ直ぐの一本道、この道は孫達の通う小学校へと続きます。               
a0166324_22461748.jpg
変な実がぶら下がっていました023.gif何じゃぁ?!                  
a0166324_22465377.jpg調べようもなく、疑問符だけ背負い込んで???!どなたかご存じ方教えて~030.gif   
a0166324_22494753.jpg
こちらは2年前、偶然散歩中に見つけた素敵なカフェ・NOA063.gifちょうどボタニックガーデン正門へと続く通り道。 一番安く、ボリュームも少なめで~~とお願いしたら、こんなに!!005.gif、パンの上には焼いたバナナが.....美味しいけれど食べきれないよ~と思いながら完食! ライム入りの生ジュース、こちらは美味しかったなぁ001.gif息子曰く「母さん、あの店はね、ちょっとおしゃれな、気取った年配の人に人気なんだよ。俺は行ったことないけどね」「母さんがあの店でどんな風にお茶タイムしていたのかと~~まぁ、可笑しいけど度胸あるよね」だって、どういう意味?! 母さんだって、少しの時間ならお上品にしますわよ、ねぇ!!037.gif                                      
[PR]
by choropikotantan | 2016-07-21 22:34 | 好きなこと | Comments(0)
a0166324_22124052.jpg
 梅雨にぴったり合う花な~に?!と問われれば迷わず「紫陽花」と。 この道は三里塚の公園近くで私の好きな横町。あじさいにギラギラお日様って、やっぱり、似合わないよね。しとしと雨の滴が一番似合う花よ、まあ重そうだけど038.gif
昔は禁色の衣装も今じゃぁ~聴色(許し色=ゆるしいろ)、現代はどんな色を着てもOK、抑制も反発もなく、此の世の色は自由自在。改めて・・・焦がれる程に着たい色って、あったっけ?!023.gif                                                                                               
a0166324_22214366.jpg
お裁縫は大の苦手な私、親友のKちゃんに手ほどき頂きながら、初めての「手作りバック」漸く完成!! 
「不思議の国のアリス」・・・このプリントと裏地、手芸店で気に入り、すぐ購入。出来る出来ないは三の次034.gif二人の孫へ私からのプレゼント。さて、いよいよ明日の夜はケアンズへ出発です~7月9日夜に帰国の予定・・・息子からの依頼品はアマゾン、楽天などから続々我が家へ届き~数個のダンボール箱にあれこれ詰め込んで梱包し、重さを量り、、、今回は籐製の長イスらしき物まで持ち込む手筈。毎度の事ながら全く以て、わたしゃ、運び屋家業ですよ 008.gif  
でもね、あちらではあっちへ行ったり、そっちへ行ったり。 10回以上行ってても驚きの新発見があったりで、今からワクワク004.gif 

帰国の頃はあじさいも盛りを過ぎようというもの。
皆様、またお会い致しましょう。
行ってまいりま~す003.gif  
[PR]
by choropikotantan | 2016-06-15 23:22 | 好きなこと | Comments(2)
 前回の続きです。
大谷観音から一路宇都宮市内へと戻るようになり、JR駅前通りに出て、見学の中川染工場へ062.gif「今此処なんですが、どう行けば良いんでしょうか?!」「ハイ、近道はね、今工事中の為、こう来てこう曲がって」~と045.gif う~ん、分からないけど・・・とにかく市内を流れる田川なる川を見つけなくっちゃ。
a0166324_10383086.jpg
きれいな川です。さてと、住所は宇都宮市錦一丁目~~歩いていた女子高生3、4人に尋ねて005.gifラッキー!すぐ近く。                               

a0166324_10492451.jpg
仰々しい看板もないから通り過ぎ、Uターン。右側は大谷の石の蔵。「ここだ、ここよ!」        創業は明治38年、伝統の江戸浴衣・江戸手ぬぐいなど、田川の畔で昔ながらの製法を守り続ける~ING。

a0166324_1056446.jpg高い干し場の上で職人が無垢の反物を干す作業中。高所恐怖症の方は無理ね037.gif     
年配の女性(女性・専務)小走りで「待ってましたよ!今日はNHKの取材が入っているから、こちらからどうぞ」と、つきっきりで案内して下さいましたよ029.gif  
a0166324_1174295.jpg伊勢の型紙、丈夫な和紙を数枚重ね、柿渋で貼り合わせものに文様を透かし彫りしたもの~~メッシュの細かい細かい事! 手仕事・職人の技は凄い。これを拝見しただけで感嘆!!           
a0166324_11161085.jpg型置き(糊づけ)~~専用の台の上で生地に型紙を乗せ、上からへらでのり付け。一回ごとに生地を折りたたみ、たたんだ上から同じようにのり付けを繰り返す。(一反につき10~12回折り返す)一反で手ぬぐいは12本作れる由。一発勝負でシワが出ないよう、曲がらぬよう、布をぴたりと広げる・・・熟練の技!! 

a0166324_1128588.jpg昔ながらの「注染(ちゅうせん)」という染め方。ヤカン(金属で出来たじょうろ型の容器に入れた染料を注ぎ込む。液体を流す染め方なので生地を傷めず、吸水性、風通しも良いという。プリント生地は片面だけの柄、インクを圧着する方法なので生地はダメージがあり、耐久性も弱く、通気性も良くないという。ヤカンとは薬缶と書くそうな045.gif

a0166324_11564866.jpg次はガチャコンガチャコン。此処は糊やら余分な染料やら汚れを落とす洗い場。一際激しくジャバジャバ。この水槽の奥が田川の上流にあたり、布を段々奥へ移動させてきれいな水で洗うそうです。汚水はきれいに処理して排水溝へ、環境保全は万全と専務は納得の自信顔029.gif       
a0166324_1292556.jpg次いで脱水の大釜に入れ、いよいよ外へ。これって何と原始的!!釘を曲げてるだけ。         
a0166324_12122194.jpgこんな風に布地の端を釘に引っかけて。                               
a0166324_12152935.jpg
初夏の風に翻って。。。
「宮染」とは~~~始まりは江戸末期の頃とか。近くの真岡木綿地を染める為に市内を流れる田川沿いに染め職人が集まり、半纏などを染めるようになったと。その後、大正期に「注染」という技法が生まれ、浴衣、手ぬぐいを一枚ずつ染め上げてゆくようになったと。昭和戦前の最盛期には30~40軒の染め物屋が居たそうな。今では3軒になってしまったという002.gif田川中心のこの染め物を「宮染(みやぞめ)」と名付けられたという。伝統維持って難しいなぁ!!

二階の作業場も忍者部屋の如く、仕掛けいっぱい003.gif面白かった!!もっともっと画像をアップしたいけれど、、、おしまい。
お土産は手ぬぐい2枚。小粋な帽子とサングラスの絵柄は卓さんへ。もう1枚はジャズの絵柄をTさんへ。

さてさて次に向かった先は栃木市の「出流(いずる)観音」。ここまでが大変047.gif
たどり着きましたが・・・続きま~す。                                ど根性ガエル~ケロケロ004.gif
[PR]
by choropikotantan | 2016-06-07 12:45 | 好きなこと | Comments(0)
さて、この日(5月20日)次に向かったのは益子町の「西明寺」。
八溝山への上り下りは緊張しっぱなしだったけれど、心は大満足!043.gif久慈川のせせらぎに見送られ、常陸大子から那珂川町~烏山へと南下、那珂川の支流の田舎の道って何処も同じような感じ、所々は黄金色の麦畑が風に波立ち、とっても気持ち良いcar散歩、漸く陶芸の街・益子町へと。
a0166324_12353824.jpg

a0166324_13132352.jpg茅葺き屋根の納経所の脇は小さな池と竹垣、こんな説明板がありました?! 廻りの青竹は皆、普通の丸い竹だけど・・・023.gif                             
a0166324_13145232.jpg納経所の女性の方は笑顔で「触ってみてくださいな、分かりますよ」っと。納得、049.gif確かに四角!!005.gif

a0166324_1323918.jpg森のような鬱蒼とした樹木!山寺の此処も130段の急な階段がお出迎え008.gifでもね、10段ごとにちょいと広くなっていたので上りやすかったですよ!                     
a0166324_1322617.jpg
もうすぐ・・・茅葺きのどっしりとした楼門は室町時代の建立、国の重要文化財指定。重厚さが分かるって!!          
a0166324_13233214.jpgこちらも建立は室町時代=同じく国の 重要文化財。ちょっと離れて見上げても美しいシルエット!!

a0166324_1335319.jpg
正面の観音堂。こちらも国の重要文化財指定。                            第二十番 獨鈷山 西明寺(通称・益子観音)
宗派:真言宗豊山派
開基:行基菩薩
創立:737年(天平9年)
ご本尊:十一面観世音菩薩

a0166324_1350252.jpg
扁額がステキ。この山奥の寺院の貴重な建物はよくぞ焼けずに現在まで在り続けられたことか!! 感動しました038.gif 本堂は1701年(元禄14年)に大改修されたという。                                
a0166324_13563757.jpg此方は茅葺きの閻魔堂。屋根のカーブが美しいでしょ。それにしても主役級の立派なお堂です!!

a0166324_1401792.jpg
向かって左側の戸が開け放たれて、自由に中へ入れますと札がありました。「お邪魔しま~す」笑う閻魔さまを囲んで4体がおいででした。画像は益子観光協会さんから拝借
 サンスクリット語「オーン、ハハハ、ヴィサマエー、スヴァーハー」?! ウ~ン、笑うって目も細く柔和になるけれど.....でも目はつり上がって口だけ笑って・・・何だかよけい恐いなぁ。    
a0166324_149360.jpg
脇には分かりやすいこんな言葉の張り紙034.gif    

a0166324_14111844.jpgこちらは弥しろの卓さんの手書き~トイレの張り紙。うふふ、な~んか卓さんが高僧に見えてきたわよ037.gif                                      060.gif嘘ついたら針千本の~ます♪♪                     昔は嘘ついたら閻魔様に舌を抜かれるよ~~~って、オ~,クワバラクワバラ。 
笑いを提供する閻魔様は本当は慈悲深い方なんじゃろか003.gif

夕方には無事帰宅、余韻に浸ってオミキは大層美味しゅうございました。。。
[PR]
by choropikotantan | 2016-05-27 14:44 | 好きなこと | Comments(0)
八溝山の続きです。                                    山頂の展望を満喫してから車で八合目まで下り、第二十一番「八溝山日輪寺」駐車場へ。
昔からこの難所、「八溝知らずの偽坂東」と言われていたとか、、、さもありなむ045.gif 
a0166324_11481076.jpg駐車場には一台のマイクロバスとこの車だけ。きちんと整備されていたのでホッ。

a0166324_12111061.jpg
石段を上がっていくと、あら、石柱に「仙道33 観音堂」って、なぁに?!039.gif帰宅後検索の答え~仙道札所とは江戸時代に出来た札所で、福島県域に多くあるそうな。日輪寺は24番目だとありました。 
a0166324_12133728.jpg
本堂は赤白のちょっと変わった建物でございましたよ!                    寺伝によれば                                       創建: 天武天皇の朝(673)                               開基: 役行者(えんのぎょうじゃ)                            ご本尊:十一面観世音菩薩~~大同2年(807)弘法大師がご本尊として刻み再興。後に仁寿3年(853)慈覚大師の来山を縁として天台宗になったと。頼朝も寺領を寄進、中世以後は山伏の往来もはげしく修行の山であったそうだが、他の寺院と同じく明治維新での廃仏運動やら、火災やらで堂宇は全焼。現在の観音堂は昭和48年に完成とのこと。                                  数名の巡礼の方々が本堂から出て来、外で記念撮影後、バスの方へ。静岡からの団体さん達。運転手さん、下り坂も充分に気をつけて安全運転ですよ~(あんたに言われたくないよって!)037.gifa0166324_1220871.jpg                     由来版は風雨にさらされ、判読難しいな
a0166324_1224506.jpg
旧観音堂!! 向拝には相当歴史のある鰐口がつり下がっておりました。                 
a0166324_12281436.jpg
白馬の像~赤い前垂れは信者さんがつけたにしても、お寺さんに白馬って030.gifま・か・ふ・し・ぎ?! 八溝嶺神社への木の鳥居の脇にも白馬が一頭。神社と白馬は何となく分かるけれど.....。まぁ、馬頭観音もあるしねぇ。
a0166324_12302696.jpgさて、御朱印も戴いたし、060.gif帰りはこわい~ホント!!!                     下り坂は全身張り詰めた緊張感で慎重に、慎重に。同じ道で常陸大子まで戻り、これより益子町「西明寺」へと廻りましょうほどに004.gif

次回UPしますね006.gif
[PR]
by choropikotantan | 2016-05-24 14:20 | 好きなこと | Comments(3)
逗子から次に向かったのは横浜。第十四番札所・弘明寺(ぐみょうじ)。            JR横浜駅から京急線に乗り換え~~「弘明寺」駅下車。寺の名前とは!005.gif
a0166324_17283417.jpg
風格のある仁王門。駅からすぐに商店街の坂道が続き、上って下って・・・3,4分で到着。あぁ、またもや階段だよ!・・・008.gif                                    
a0166324_17571668.jpg 筋肉隆々、ぎょろ目で睨みを効かせて!029.gif                           
a0166324_1757437.jpg
仁王像は13世紀後半早期、運慶様を尊守する鎌倉仏師の作とか。神奈川県下では最古という。    
a0166324_188233.jpg 竹観音を祀ったお堂。    
a0166324_1945533.jpg
身近に拝観出来、感激!!038.gif 竹の一管造り、高さは50センチ程。漆黒の優美で慈愛この上ない眼差し。

a0166324_198416.jpg
石段を登りつめると観音堂。 高野山真言宗                              開基  行基                                       創立  737年(天平9年)                                ご本尊  十一面観世音菩薩  

a0166324_19332561.jpg
ちょっと暗い内陣に行基が刻んだという木造十一面観音立像のご本尊が安置され.....043.gifしゃがんで手を合わせました。御朱印巡りを始めて思うこと、遠い遠い昔の僧ってすごいですねぇ。。。
[PR]
by choropikotantan | 2016-05-21 19:30 | 好きなこと | Comments(0)

手先を動かし、おつむを使って発信します。


by choropikotantan